5日、新華網によると、仏パリで4日、世界トップクラスのレストラン1000軒をリストアップしたレストランランキング「LA Liste2018年版」の発表式が行われた。写真は淮揚府(安定門店)。

写真拡大

2017年12月5日、新華網によると、仏パリで4日、世界トップクラスのレストラン1000軒をリストアップしたレストランランキング「LA Liste2018年版」の発表式が行われた。

【その他の写真】

15年にスタートした同ランキングはグルメガイドとレビューに基づくもので、鳳凰網は「中国(香港、マカオ、台湾を含む)のレストランの選出数はフランスを上回る127軒。日本に次ぐ2位となった」と紹介。「LA Liste」のウェブサイトで確認したところ、日本からは135軒が選ばれていた。

今回、中国勢で1位となったのは北京にある淮揚府(安定門店)で、新華網はランキング創始者の一人が「中国はグルメ大国。人口や国の広さ、レストランの数を考えると選出数2位は何ら不思議ではない。今後はさらに多くのレストランがランキングに入るだろう」とコメントしたことを伝えている。(翻訳・編集/野谷)