GK東口順昭、背番号1決定も「なりふり構わずアピールしないと」

写真拡大

 日本代表は6日、EAFF E-1サッカー選手権に向けたトレーニングを実施した。背番号「1」を背負うことが発表されたGK東口順昭(ガンバ大阪)は「アピールするしかない」と覚悟を明かした。

 東口は「アピール」という言葉を多く使い、危機感を示している。背番号「1」は主に守護神が付ける番号。GK川島永嗣(メス)が不在の中、ゴールマウスを託される可能性は高いが、「背番号は何番だろうと、アピールしないといけない立場。なりふり構わず、出たら全力で」と語った。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は縦に速いサッカーを目指しており、GKに対しても「縦に速く」といった注文があるという。東口は「自分は速くつけちゃう(パスを出す)方なので」と苦にはしていない様子。「状況判断ですけど」と前置きしつつ、攻撃の起点になるという部分でもアピールしていく姿勢を示した。

 日本代表は9日に朝鮮民主主義人民共和国代表、12日に中国代表、16日に韓国代表と対戦する。