ジェルウィン・アンカハス、井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

“プリティボーイ”が村田諒太と“同門”!? 「トップランク」と契約へ

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は、来年2月24日にアメリカでの開催が決まった「Superfly2」への参戦を熱望してきた。WBC世界王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)とフアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)のタイトルマッチ開催が正式発表された一方で、IBF世界王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)陣営が参戦しない方針を発表。日本が誇る「The Monster」には統一戦消滅の危機に直面している。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じた。

 スーパーフライ級の猛者を集めて行われる「Superfly2」。井上にはビッグマッチの期待が高まっていた。

 しかし、WBA世界王者カリド・ヤファイ(英国)のプロモーターは井上との対戦を拒否。そして今回、井上に挑戦状を送っていた「プリティボーイ」ことアンカハスの陣営が急遽参戦しない方針を発表し、“夢の統一戦”が事実上消滅してしまった。

 アンカハスはプロモーターのボブ・アラム氏を総帥とする「トップランク」と契約することが判明。同じくアラム氏がプロモーターを務めるWBA世界ミドル級王者、村田諒太(帝拳)と“同門”となることになる。

放映権問題でアンカハスは参戦不可能に…「それは実現しない」

「彼はトップランクのファイターになる。我々は彼に少なくとも一年間に3、4試合戦ってもらうつもりだ。我々は彼をマニー・パッキャオ二世と呼んでいる」

 フィリピンの英雄パッキャオのプロモーターを務めていたアラム氏は、アンカハスについてこのように語った。

 プリティボーイのトップランク入りで、「Superfly2」参戦の可能性は潰えてしまったが、 記事によれば理由は放映権の問題だという。

「アンカハスは次のSuperfly2の参戦候補者として名前が挙がっていた。2月24日にテレビ中継されることになっているが、それ(アンカハス参戦)は実現しない。なぜなら、フィリピン人ファイターはトップランクでプロモートされることになるからだ。トップランクは今年HBOと決別し、ESPNと独占テレビ放映権を結んでいる」

 井上が9月に参戦した「Superfly」は米ケーブルテレビ局「HBO」で中継され、大好評を博した。しかし、アンカハスはHBOと袂を分かち、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」と独占契約を結んだトップランク入りする影響で、「Superfly2」参戦は不可能になった。

井上が熱望する「2.24」での統一戦は事実上消滅、果たして井上の次戦の相手は…

 アンカハスの次戦について、アラム氏は「(2018年)2月になるだろう」と語ったという。

 猛者揃いのスーパーフライ級でも井上は最強王者の評価を手にしている。米ボクシング誌「ザ・リング」の全17階級のファイターを格付けした「パウンド・フォー・パウンド」でも8位に堂々のランクイン。あまりに“強すぎる”がゆえに、対戦相手がなかなか決まらないジレンマを抱えているかもしれない。

「The Monster対プリティボーイ」は、Superfly2が予定されているカリフォルニア州のザ・フォーラムとは別のリングとなりそうだが、アンカハスとの一戦を含め、熱望する統一戦は実現できるだろうか。