「#FR2」オリジナルパーカー

写真拡大 (全3枚)

アパレルブランド「#FR2」の展覧会「『コンビニな女』〜僕達の青春はコンビニのマガジンラックと通学路に捨ててあったエロ本だった〜」が、12月15日(金)から28日(木)にかけて、東京・中野のHidari Zingaroにて開催される。

【「コンビニな女」見たくない? エロスを切り取る #FR2 展覧会の画像・動画をすべて見る】

期間中は、展覧会のテーマとなる写真集を販売するほか、オリジナルパーカーを先行発売する。

カラーはブラックのみで、M/L/XL/2XLというサイズ展開。価格は1万2500円(税別)。

ストリートで話題の#FR2とは

「#FR2」は、「カメラマンが着る服」というコンセプトでアパレルやアクセサリーを展開しているストリートファッションブランド。

#FR2(Fxxking Rabbits)
「VANQUISH」を手がける株式会社せーの代表・石川涼さんが2014年に設立。当初から、Instagramの投稿で話題を呼び、日本だけでなく海外でも人気を博している。

現在は東京・原宿と福岡・大名に実店舗を展開。

元某国民的アイドルによる「Fxxx」騒動を揶揄したかのようなTシャツ(諸事情により販売休止)や、アイコンキャラクターのFXXKING RABBITSのぬいぐるみなど、過激ながらユーモア溢れるブランドスタイルから、ファッション業界の中でも一目を置かれる存在となっている。

展覧会のテーマは「コンビニな女」

そんな「#FR2」が今回行う展覧会のテーマは「コンビニな女」。

サブタイトルの「〜僕達の青春はコンビニのマガジンラックと通学路に捨ててあったエロ本だった〜」からは、ストリートとエロの融合を感じさせる。

果たしてどのようなアート作品が展示されるのか、注目が集まる。