Fire TVのイメージ画像には、まだYOU TUBEが記載されている

アメリカではIT業界の巨人同士の対立が激化している。Googleはこのほど、Amazonのテレビ視聴デバイスFire TVとスマートスピーカーEcho Showから、YouTubeへのアクセスを不可にすると明らかにしている。

事は、3ヶ月前にEcho ShowでYouTubeの動画視聴ができなくなった事に始まる。それについてGoogleは、AmazonオリジナルYouTubeアプリがGoogleの利用規約に違反していて、ユーザーエクスペリエンスに反するとしていた。

しかし、これは建前で、それ以前にAmazonはGoogleのインターネット接続デバイスChromecast(クロームキャスト)やスマートスピーカーGoogle Homeに、Amazonの動画サービスPrime Videoを提供しないことを決めており、Googleは不満を募らせていた模様。今回のYouTube引き上げは、GoogleとAmazonによるWeb世界でのシェア争いがわかりやすく表面化した形だ。

すでにEcho ShowではYouTubeが視聴できなくなっていて、Fire TVでも2018年1月1日からアクセスできなくなる。


YouTubeの見られないEcho Show

Webを介したサービスは、スマートスピーカーや動画視聴サービス、IoTデバイスなど多岐に渡り、多くのIT企業がしのぎを削っている状態。Amazonでは日本でLINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」をECサイトで販売させないなど、ここのところ強硬策ともとれる動きが目立っている。

今後も新しいデバイスが登場する度に同様の問題が噴出すると予想され、ユーザーは企業の争い次第では、偏ったサービスの選択を迫られるかもしれない。

THE VERGE
URL:https://www.theverge.com/2017/12/5/16738748/google-amazon-feud-youtube-pulled-off-fire-tv-echo-show-nest-devices
2017/12/06