6日、環球網によると、中国山東省に出張中の韓国国立ハングル博物館のキム・ジェウォン館長が死亡した。写真は韓国国立ハングル博物館。

写真拡大

2017年12月6日、環球網によると、中国山東省に出張中の韓国国立ハングル博物館のキム・ジェウォン館長(53)が死亡した。

韓国文化体育部によると、同日午前9時ごろ、同省のホテルの客室で倒れているのが発見され、現場で死亡が確認された。現在、中国公安部門が詳しい死因を調べているという。

キム氏は2018年の山東博物館交流展覧会について中国側と協議するため、5日に中国を訪れていたという。(翻訳・編集/北田)