言葉は売上を伸ばす

写真拡大

コピーライティングは、コピーライターという専門職がいるように、重要な要素です。言葉ひとつとっても、商品の売上に影響がするといったこともあるでしょう。さらに現在ではインターネットの分野においても、コピーライティングの重要さが指摘されています。

どうすればいいのか?

バズ部による『10倍売れるWebコピーライティング ーコンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページの作り方』(技術評論社 )ではウェブページを作りにあたり、どのようなコピーライティング技術が必要であるかについてていねいな解説がなされています。インターネット、ウェブページ構築を通じて何らかのビジネスを展開したいと思っている人にとっては入門書的に手にとってみてまずは損のない本でであるといえるでしょう。

原理原則がある

こうしたウェブのコピーライティングには、原理原則が存在するということです。そこにはいくつかの要素があり、それをおさえて、組み合わせていくことで、あらゆるシーンに対応できるようになります。やみくもになにかをはじめてみるよりは、こうしたコピーライティングの技術書をまずは手にとって見ることが重要だといえるかもしれません。さらに本書は、アクセスと収益という、最後の目的がしっかりと定められたウェブにおけるコピーライティング術が記されていますので、ムダなことが記されていない、簡潔に記されているのも魅力です。