画像提供:マイナビニュース

写真拡大

iPhone Xの難点を敢えて挙げるとすれば、「サイドボタンをダブルクリックしにくい」ことだろうか。ボタンの表面積の狭さゆえか指先の力を伝えにくく、シングルクリックはともかくとして、これまでのホームボタンに比べるとすばやいダブルクリックが難しい。ホームボタン時代は楽に"カチカチ"できたところが"カチッカチッ"がやっとの状況、とでも表現すれば伝わるだろうか。

だから力んでしまうのか、サイドボタンをダブルクリックしたつもりが長押しと判定され、結果としてSiriが起動してしまう事態に見舞われるようになった。これは困る。なぜかというと、サイドボタンのダブルクリックはFace IDによる認証が必要な場面で要求されるからだ。

たとえば、店頭でApple Payによる支払いを行うとき。いざダブルクリックというタイミングで店員に話しかけられると、気が散るのか1回目のクリックが長押しになってしまいSiriが起動することに。手先の不器用さはとりあえず置くとして、サイドボタンの形状を変更できない以上、ダブルクリックの感触を大きく変えることは難しいだろう。

残る解決策はひとつ、サイドボタンによるSiriの起動を止めること。iPhone Xは「ヘイSiri」による起動に対応しているし、リモコン上のボタンを押すことでSiriを起動できるイヤホン/ヘッドホンも増えているから、サイドボタンの長押しによる起動を無効化してもそれほど困らない。行列しているレジでうっかりSiriを起動させ赤面するよりマシというものだ。

具体的な手順は以下のとおり。サイドボタンの押しにくさに変わりはないが、ダブルクリックに失敗しても慌てることはなくなる。手先の不器用なiPhoneユーザ向けの推奨コンフィグレーションだ。