【詳細】CM映像はこちら

キリンビバレッジが、「日本の冬をあたためたい」という思いから、主力ブランドのひとつである“午後の紅茶”の冬の特別CM「あいたいって、あたためたいだ。17冬」篇を本日12月6日より公開した。

2016年冬に放映された第1作「あいたいって、あたためたいだ。」篇、2017年夏に放映された第2作「おちつけ、恋心。」篇では、熊本県南阿蘇村の美しい自然の風景を背景に、女優の上白石萌歌の透明感ある歌声とともに、高校生カップルの純粋な恋心を描き、好評を得た。

今作では、前作から時が経ち成長したふたりが登場。高校卒業を機に上京した彼と地元に残った彼女との切ない遠距離恋愛を描いたストーリーとなっている。キャストには、引き続き上白石萌歌と井之脇海を起用。

「あいたいって、あたためたいだ。」をテーマに、遠く離れてしまってもお互いのことを想い続ける純粋で真っ直ぐな恋心を、南阿蘇村の美しい星空の下、スピッツの名曲「楓」にのせた上白石の澄み切った切ない歌声で表現。さらに、そんな彼女の心を“午後の紅茶”あたたかいシリーズが、そっとあたためて癒すという印象的なCMとなっている。

■CMメイキング

2016年冬のCMが放映されてから、舞台である見晴台駅には1冊のノートが置かれた。南阿蘇鉄道のファンが設置したもので、午後の紅茶のCMを見て全国から訪れた人からの熊本の人への応援のメッセージで溢れていた。

ノートを見た上白石は、「すごい。うれしいですね。(震災から)時間も経ったけどまだ大変な思いをしてる方もいらっしゃるので、(今回の新CMが)そういう人たちのことを考えるきっかけにもなってほしいし、私も考えたいです」と話していた。

そして、たくさんの人の思いが詰まったノートに、上白石も今なお復興に向けて頑張り続ける南阿蘇の人々へ向けて、2016年冬のCMで歌った一節「てーをーつなごう」の言葉を、ウサギのイラストとともに記した。

上白石萌歌 インタビュー

Q:3回目の撮影をしてみてのご感想は?

3度目のお話をいただいたときは、心からうれしかったです! 大好きなこの作品がこうして続いていくことに、とても幸せを感じます。今までのシリーズとはまたひと味違う空気感や音楽、恋模様に注目していただけたらと思います。

Q:1回目のロケ地、見晴台を再訪したご感想は?

約一年ぶりに見晴台駅を訪れましたが、以前と変わらない様子で、少し大人になった私をおかえりなさい、とあたたかく迎え入れてくれたような気がしました。阿蘇の空の高さと、空気の甘さに身も心も癒されながら撮影できました。

Q:スピッツの「楓」を歌ってみてのご感想は?

スピッツさんは小さい頃からよく聴いていて、爽快感溢れるメロディラインや美しい言葉選びが好きでした。今回歌わせていただいた「楓」では、このCMの中では遠く離れた大切な人への想いを表現しました。大切な人を思い浮かべながら観ていただきたいです。





“キリン 午後の紅茶” OFFICIAL WEBSITE

http://www.kirin.co.jp/products/softdrink/gogo/

上白石萌歌 OFFICIAL Instagram(@moka_kamishiraishi)

https://www.instagram.com/moka_kamishiraishi/?hl=ja