途中離脱することになったFW杉本健勇(C大阪)

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は6日、E-1選手権に臨む日本代表において、FW杉本健勇(C大阪)が怪我のため、途中離脱することになったと発表した。

 左脇と左足首を痛めている杉本は、4日の代表合宿初日でミーティング後のランニングを1周で切り上げ、別メニュー調整。5日のトレーニングも別調整となり、隣接する施設内で検査を受けていた。

 杉本はJFAを通じて、「今回このような形でチームを離脱することになり、残念に思います。しっかり怪我を治して、またここに戻ってこられるよう、チームで頑張ります」とコメントしている。


●EAFF E-1選手権2017特集ページ