画像提供:マイナビニュース

写真拡大

導入したチャットボットシステムは、triplaが提供する、観光事業者向けインバウンド支援ソリューションサービスで、チェックインの時間や寝具の種類など、予約・施設に関する問い合わせに対して、導入時104種類の回答を備えたAI(人工知能)が24時間体制で対応する。

対応言語は日本語、英語、韓国語、中国語(繁・簡)で、言語の違いによる誤解や手違いの解消に繋がるほか、営業時間外や休業日にも対応が可能となる。

システムは、AI(人工知能)が問い合わせの内容を蓄積・学習するため、回答の種類は随時増加するほか、今後は滞在中の困ったごとに対するリクエストに対しても対応が可能となる見込みだという。