綾瀬主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』で注目された主婦合コン

写真拡大

 毎週視聴率11%超を記録するドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。高級住宅街で専業主婦となった元・特殊工作員の主人公が、DVやセックスレスなどの家庭問題から誘拐事件や殺人事件まで、ご近所で起こるさまざまなトラブルを解決するため奔走する。しかし、この「主婦合コン」から起きた友人の“心のゆれ”にはなすすべがなく──。

 さほどノリ気ではなかったのに、夫への不満とストレスから何気なく参加した“主婦合コン”。広々としたテラスが見渡せる高級レストランのテーブル席には、若くて溌剌とした男子が5人。つい夫とはできない話にも花が咲き、年下男子と2人きりで会話が盛り上がってしまう。帰り際に頼み込まれ、連絡先を交換。その日から、他愛ないLINEが来るたびに胸がときめいてしまう。「夫以外の男の愛情を受け入れる決心をした」──そう心をおどらせる広末涼子(37才)演じる主婦を、綾瀬はるか(32才)演じる主人公は心配そうに見つめる。

 この秋のヒットドラマ『奥様は、取り扱い注意』で注目されたこの「主婦合コン」シーン。視聴者からは「ヤバい。怖すぎ」「主婦をターゲットにした合コンなんてホントにあるの?」と声が上がっている。

 実際に「主婦合コン」は存在する。それどころか、ここ数年は静かなブームになっていると恋愛コラムニストの島田佳奈さんは言う。

「10年ほど前から徐々に広まっていきました。その後、リーマン・ショックで主婦のお財布のひもも固くなり、下火になりましたが、ここ数年、復活の兆しがあります。景気が上向いてきて主婦に金銭的にも精神的にも余裕が出てきたのが要因ではないでしょうか」

 毎月の主婦合コンが楽しみだと言うのは38才主婦・Sさんだ。

「基本はママ友から誘われますね。相手は私たちと同じ既婚者や、人妻という言葉に誘われてきた若い男の子だったり。合コンは子供を預けられる日の夜が多いです。本当は時間がある昼がいいけど、日中は大学生やフリーターみたいな男しか来られませんからね。子育てが落ち着いて、自由な時間が増えたのもありますが、専業主婦だから男性とかかわる機会がなくて、“このままじゃまずい”って焦りがありました。

 合コンだと、“かわいいね”“この後、どこか行こうよ”と、褒められたり誘われたりして、女を実感できる。結構はっきり口説いてくる人もいるし…。相手が人妻だから断られて当たり前と思って、大胆になるんでしょうか。別に不倫したいわけじゃない。自分自身がまだ枯れてないことを確認するだけです」

◆ちゃんとしていないと合コン参加は不可

 その主婦合コン、前出の島田さんによると、女性の参加者は30代後半から40代前半に集中しているという。

「この世代は松嶋菜々子さん(44才)主演のドラマが大ヒットした“やまとなでしこ世代”。合コン全盛を大学生〜若手OLで過ごし、結婚したアラフォー主婦たちは、合コンへのハードルが低い。飲み会に毛が生えたくらいの感覚でしょう。

 そこに昨今の不倫ブームが後押ししています。今のアラフォーは昔と違って若々しくてきれいなので、夫にされない“女性扱い”を外の男性に求める。10年前と違って、LINEなどで簡単に連絡が取れることも大きいですね」

 しかし、主婦合コンには誰もが参加できるわけではない。女性陣には厳格な“選考会”があるのだという。「主婦合コン」の幹事をよく任されるという41才・Mさんが語る。

「主婦合コンとはいえ、いかにも“家から出てきました〜”みたいな主婦ルックのママ友は連れて行くのが恥ずかしくて誘いません。ママ友の中でも、メイクはちゃんとしていて、流行をおさえたファッションができていることが大前提です。

 合コン候補生として白羽の矢を立てたら、女同士でお茶をしたり飲みに行きます。何よりも大切なのが口の堅さ。他のママ友にバラされたりしたらあっという間に近所から夫の耳にも入りますから。

 お酒が入っても口が滑らないか、約束を守れるか、何度も何度も飲みに行って確かめます。それがクリアできた人に、夫や元カレの話を振って恋愛トークに持ちこみ、今も出会いを求めてるのか確認する。そうやって選考を重ねてようやく、“今度、男友達も交えて飲みましょうよ”と誘います。そこまでしておけば、断られることはないし、むしろ、ノリ気になってきますよ」

 念入りに相手を選び、火遊びに興じる主婦がいる一方で、しぶしぶ参加する人もいる。都内の私立小学校に2人の子供を通わせている35才主婦・Kさんが打ち明ける。

「ママ友の誘いって、断ると何を言われるかわからないし、子供が仲間はずれにされても困る。それで仕方なく“ママ友づきあい”の一環として行くの。夫はむしろ、たまには外で飲んでおいでと言ってくれるタイプ。優しく送り出してくれるたびに、申し訳なくて…」

 一方、「主婦合コンで夫婦生活が円満になった」と言うのは36才のYさん。

「毎日子供と2人きりで子育てと家事の日々。刺激のない毎日だったのが、主婦合コンで外と接点ができたの。ちやほやされて、“ママ”じゃなくて下の名前にちゃんづけで呼ばれたのが嬉しくて…。日常生活にもハリが出て、夫に優しくできるようになったんじゃないかな。

 そもそも、主婦合コンってそんなに悪いことじゃないですよ。旦那だって接待だからとキャバクラへ行ったりするでしょう。家の外で異性と楽しく飲むという点では、何も変わらないですよ。

 普段の生活を壊したくないから、対策はしっかりしていますよ。店は絶対に近所ではなく、部屋は個室か半個室、合コンでの写真撮影なんて、もってのほか。LINEは読み終わったら全削除です。

 こちらのプライベートもさらしません。子供や旦那の話はしらけるから絶対にしないし、姓も明かさない。これは合コン友達との暗黙のルールです」

 しかし、主婦合コンが原因で現在離婚危機に陥っている40才・Nさんはこうした考えに異をとなえる。

「主婦合コンには軽い気持ちで参加しました。もちろん不倫はしていません。ただ、ちょっといいなと思った男性とLINEのやりとりだけは続けていました。そうしたらあるとき、“なんでそんなにスマホを見てばかりいるの”と夫に取り上げられ、メッセージを夫に見られてしまいました。“ただの知り合い”“何もしていない”と言っても信じてもらえず、“仮にしていないとしてもこれから不倫するつもりだったんだろ”と吐き捨てられてしまいました。そうなってようやく、私、ヤバいことしていたんだなと気づきました…」

※女性セブン2017年12月14日号