スマートフォンの更新とアップデートはどこが違う? 今更聞けない「更新」のなぜ

写真拡大 (全3枚)

スマートフォンを使っていれば一度は見たことがあるのが
・アップデート
・バージョンアップ
といった、スマートフォン本体の更新のお知らせです。

頻繁にこのお知らせを見る機種もあれば、買ってから全く見たことがないという機種もあるでしょう。

iPhoneのように「iOS 11」から「iOS 11.1」、さらには「iOS 11.1.1」と細かく頻繁にアップデートが行われる機種と違い、Androidスマートフォンは、更新の頻度や内容に大きな差があります。

今回はこの「更新」について、アップデートとバージョンアップの違い、最近のアップデート事情として知っておきたいことについて解説していきます。

○アップデートとバージョンアップって違うの?
どちらもスマートフォン本体のソフトウェアを更新するという意味では同じです。
ただ、その内容によって呼び分けられていると考えていいでしょう。


大きく見た目、使い勝手が変わるバージョンアップ


アップデートとは
・本体の不具合を修正する
・本体のセキュリティを修正、向上させる

バージョンアップとは
・OSのバージョンを1つ上げる(例えば、7.0から8.0など)
・OSの大幅な機能変更

もちろん、メーカーによってそれぞれの呼び分け方が違ったりもするため、一概にこの通りとは言いきれませんが、アップデートとバージョンアップの違いとして
・軽微な機能の改善や修正をアップデート
・大幅な機能改善や修正をバージョンアップ
と覚えておくといいでしょう。

○頻繁に行われる「セキュリティアップデート」とは?
スマートフォン本体の更新ですが、発売から間もない頃には頻繁に行われることがあります。しかしバージョンアップのような大規模な更新が行われない限りはそのままということも珍しくありませんでした。

そのため、スマートフォン本体の更新は「滅多にこないもの」と考えている人も多くいるようです、

ところが最近の機種では「頻繁に更新が行われる」ようになってきています。

その更新頻度が高いものが「セキュリティアップデート」です。


毎月配信されるセキュリティアップデート。


以前はスマートフォンの不具合があれば些細なことから大きなモノまで、ソフトウェア全体を入れ替える方法が採用されていました。
このような方法は、メーカーがすべてチェックしてから更新を行う必要があり、更新を実行するまでには時間がかかります。

この方法では、個人情報が漏洩するようなセキュリティに関係する更新が送れてしまうのでスマートフォンの安全を確保できません。
そこで最近のAndroidスマートフォンは、セキュリティに関わる問題だけを修正する「セキュリティパッチ」を簡単に更新できる仕組みを設けているのです。

もちろん、このセキュリティパッチもメーカー毎に自社の機種でキチンと動くのか、問題がないのかの検証を行ってから配信されるため、不具合が見つかったら即座に更新されるというわけではありません。それでも以前に比べると安心、安全にスマートフォンを使えるようになります。

○アップデートが来る、来ないはメーカーやチップで変わる?
また、更新の頻度は
・メーカー
・搭載しているチップ
など、同じ「Android」を採用したスマートフォンであっても変わってきます。

ご存知の通り、Androidはメーカーによって様々なカスタマイズが施されているため
・そのメーカーでしか起きない不具合
に対する更新もあれば
・どのAndroidを採用したスマートフォンでも起きる不具合
もあります。

自社の製品だけでしか起きない不具合であれば自社内で不具合を修正するだけで済みます。
一方、Android 製品すべてで起きる不具合の修正ともなると、Android OSの不具合を修正した後に、自社の製品での不具合の有無を確認する必要があります。
この場合、すぐに更新を提供できるメーカーもあれば、確認に時間がかかってしまうメーカーもあります。

こうした対応のバラツキが、Androidスマートフォンの更新頻度を大きく買えている要因になっています。

また、Androidスマートフォンに搭載されるチップ、とくに頭脳とも心臓とも言える「CPU(System on Chip)」には、1種類ではなく、多くの種類があります。
種類の異なるCPUで正常に動作するかの確認も行う必要になります。
例えば、
同じメーカーのスマートフォンでも、CPUが異なれば、更新されるまでの期間にバラツキが出る可能性もあるのです。

さらに、スマートフォンを契約している「携帯電話会社」も異なります。
この場合、不具合や機能の追加についてメーカーが行った後に、さらに携帯電話会社でも問題がないかチェックされるので、更新開始の時期が変わることもあります。

スマートフォンの更新について、
・動作が重くなる
・現在の環境から移行して互換生で不具合がでる
といったネガティブなイメージを抱いている人も少なくありません。

もちろん、旧型のスマートフォンに対し「バージョンアップ」で提供される大幅な機能の追加により、負担が増加し、動作が緩慢になることもあります。
しかし、ここ2〜3年で発売されたスマートフォンであれば、十分な性能を備えているので、更新を実行しても、動作への影響は少ないはずです。

一方、更新をすることで
機能など使い勝手の向上だけでなく、不具合の修正、さらにはセキュリティの強化など、多くのメリットが得られます。

スマートフォンの更新は見逃さず、しっかりと行っていきましょう。


迎 悟