杉本は怪我のため途中離脱。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

 2017年12月6日、E-1選手権に臨む日本代表からFWの杉本健勇(C大阪)が怪我のため途中離脱することが決まった。

 昨日も別メニューで調整していたが、このような事態になってなんとも残念だ。杉本本人も「今回このような形でチームを離脱することになり、残念に思います。しっかり怪我を治して、またここに戻ってこられるよう、チームで頑張ります」と無念のコメントを発している。

 これにより、4-3-3システムをベースとした場合、CFの序列はスタメン候補が金崎夢生(鹿島)、バックアッパー候補が追加招集組の川又堅碁という形になるだろう。もっとも、このポジションは小林悠(川崎)などもこなせるので、ハリルホジッチ監督の采配が注目される。

 天皇杯の準決勝(12月23日/13時キックオフ)を控えるC大阪(相手は神戸)にとっても、今回の杉本の離脱がどう影響するか。いずれにしても、一日も早い回復を願いたい。