ポール・マッカートニー、60年近く見続ける怖い夢

写真拡大

ザ・ビートルズ時代から60年近く満員御礼の公演ばかりのポール・マッカートニーだが、ステージに上がるようになって以来見続ける悪夢があるそうだ。

◆ポール・マッカートニー画像

彼は、オーストラリアの公共放送局ABCのインタビューでこう明かした。「パフォーマンスするようになってからずっと繰り返し見る夢がある。いまでもそうだよ。スタジアムにいてザ・ビートルズだったり、バンドだったりとプレイしていると、観客がどんどん出ていくんだ。“僕ら、なにがいけないんだろう?”って思い、ビッグな曲やってみようって “早く、Hey Judeをプレイしよう、急いで!”ってなるんだけど、それでも彼らは出ていく。“じゃあ、Long Tall Sallyだ!” でも、人々はいなくなっていく。冷や汗かいて目が覚めるよ」

ポールは現在、<One On One>世界ツアーでオーストラリアを訪問中。彼がオーストラリアでツアーを行なうのは、1993年春の<The New World>ツアー以来24年半ぶりだった。

2016年4月にスタートした<One On One>世界ツアーは今月16日ニュージーランドで終了。78公演が行なわれ、そのほとんどがソールドアウトだった。

Ako Suzuki