柚子公園のイルミネーション

写真拡大 (全2枚)

(雲林 6日 中央社)今年最後の月を盛り上げようと、雲林県政府が「愛を分かち合おう」というテーマでクリスマスや年末年始など各種イベントを開催。斗六市内の柚子公園では5日夜、高さ10メートルのクリスマスツリーの点灯式が行われ、公園一帯はムードあふれるイルミネーションに包まれた。

地元ではこれから年末にかけて、チャリティーバザー(9日、斗六環保公園)、祈願会(15日、県庁舎前広場)、音楽会(23日、県庁舎)、パレード(同、斗南駅周辺)、クリスマスバザー(22〜24日、柚子公園)、クリスマスコンサート(24日、柚子公園)、カウントダウン(31日、箔子寮)などの催しが続く。

また、2018年元旦には、地元のランドマーク、西螺大橋(西螺鎮)での初日の出参りが予定されている。

(葉子綱/編集:塚越西穂)