指原莉乃、サイテー男の“ゲスいい話”に好感 「感覚おかしくなってますかね?」

写真拡大

 指原莉乃とブラックマヨネーズ(小杉竜一、吉田敬)がMCを務める配信番組『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(AbemaTV)の12月5日放送回では、サイテー男子が語る「ゲスいい話」がオンエアされた。

参考:指原莉乃はなぜ年上男性MCと相性が良い? 相手の懐に入る“会話術”

 同番組は、独特の恋愛観を持つ10人のサイテー男子が集まり、恋愛トークやモテるためのテクニックを披露するトーク番組。「サイテーな想い出」というトークテーマでは、元トーキョーハコクラブの高橋洋平が、好きでもない女性の奢りで箱根旅行に行ったエピソードを披露した。一緒に箱根に行ってもデートはしないという高橋に対し、指原から「じゃあ女の人ははなにが嬉しいんですか?」と質問が飛ぶと、高橋は「僕と温泉に入れる時間じゃないですか」と回答。それに対して指原は「誰が言ってるんですか?」と厳しく指摘し、吉田も高橋に「解散してさらにやさぐれたな」と苦言を呈した。

 トークテーマが「ゲスいい話」に移ると、バーテンダーの池上亮が、女友達のいない女の子に自身の女友達を紹介した話を披露。紹介するにあたって性格を知るために、どちらの女性とも体の関係を持ったという池上は、「もう2年ぐらい経ってるんですけど、今でもSNSを見るとめちゃくちゃ仲良くて」とふたりの間に友情が芽生えたことを説明。すると指原は「イイ話」と好感を示したものの、続けて「感覚おかしくなってますかね?」と不安げにコメントした。すると池上は「下半身で作れる友情もある」と言い、周りから「素晴らしい」という賞賛の声が上がった。

 続けて、山ノ内ジャンによる「エッチの時に役立つジャン流テクニック」というコーナーへ。山ノ内は「女の子にチョコを食べさせろ」、「ワキの汗の匂いを嗅がせろ」、「女の子を抱きしめる時に腰を触れ」という3つのテクニックを紹介。「女の子を抱きしめる時に腰を触れ」を山ノ内が実演するシーンでは、指原が「パンツ見える、パンツ見える、気を付けてください!」と注意し、吉田は「ちょっと待て、パンツ見たがってもうて」と興奮気味にリアクションした。番組の最後、今回のMVPサイテー男の発表では、指原が「童貞は童貞らしく」とコメントしながら、童貞大学生の伊勢航来にMVPを与えた。

 次回放送では、企画「冬はサイテー話であったまろうよ」がオンエアされる。(向原康太)