5日、米華字メディア・多維新聞は、「中国が朝鮮半島付近で始めた軍事演習は米韓への警告」とする英紙デイリー・テレグラフの記事を取り上げた。写真は中国のTu−154偵察機。

写真拡大

2017年12月5日、米華字メディア・多維新聞は、「中国が朝鮮半島付近で始めた軍事演習は米韓への警告」とする英紙デイリー・テレグラフの記事を取り上げた。

中国メディアによると、中国空軍の申進科(シェン・ジンコー)報道官は4日、黄海、東シナ海で偵察機の遠洋訓練を行ったことを明らかにした。

多維新聞によると、デイリー・テレグラフは5日付の記事で「中国空軍はこれまで飛行したことのないルートを飛び、到達したことのないエリアまで行った」と申報道官が発言したことを説明し、米韓合同軍事訓練と中国が朝鮮半島付近で行った軍事演習がタイミング的に非常に近い点を指摘。さらに、中国の軍事アナリストの発言を引用し、「中国の軍事演習の目的は『米韓は中国領空から追い出されることになる』という警告であり、中国は地域のパワーバランスを守れるという米韓に向けたシグナルでもある」と伝えたという。(翻訳・編集/野谷)