国際オリンピック委員会が5日、国ぐるみのドーピングを理由にロシア・オリンピック委員会を資格停止とし、来年2月の韓国・平昌冬季五輪への選手団派遣を禁じる処分を決めたことを受け、全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社は、中継放送をしないことを明らかにした。

写真拡大

2017年12月6日、中国中央テレビのニュースサイトによると、国際オリンピック委員会(IOC)が5日、国ぐるみのドーピングを理由にロシア・オリンピック委員会(ROC)を資格停止とし、来年2月の韓国・平昌冬季五輪への選手団派遣を禁じる処分を決めたことを受け、全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社は、同五輪の中継放送をしないことを明らかにした。

【その他の写真】

同放送会社は、IOCの記者会見を中継した際に字幕で、平昌五輪の中継放送をしないことを伝えた。また画面右上の五輪マークの上に赤い斜線を入れ、IOCの決定に抗議の意思を示した。(翻訳・編集/柳川)