【ソウル聯合ニュース】韓国の金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官は6日、対外経済閣僚会議で、「韓米自由貿易協定(FTA)の改定交渉に国益最優先で臨む」と述べた。産業やマクロ経済を総合的に考慮し、最善を尽くすとした。

 韓米FTAを巡り、政府は公聴会や農畜産など産業界との懇談会を通じ利害関係者の意見を取りまとめてきた。これを基にFTA改定の推進計画をこの日策定し、国会に報告する計画だ。国会報告により、FTA改定に向けた通商手続法上の国内手続きは全て終わる。

 一方、金氏は市場拡大に向けた新たな貿易協定として、南米南部共同市場(メルコスル)とのFTA交渉を進める方針を示した。

 また、最近の経済状況については「不透明感がある程度解消され、成長傾向が堅実に表れている」と評価した。