6日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトによると、米ワシントン州の警察当局が大麻を違法栽培していた中国人54人をこのほど逮捕した。写真は大麻。

写真拡大

2017年12月6日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトによると、米ワシントン州の警察当局が大麻を違法栽培していた中国人54人をこのほど逮捕した。

記事によると、米当局は先月28日から違法栽培が疑われる建物約50カ所を突撃捜査し、大麻約3万5000株のほか、多額の現金や車両、銃を押収した。捜査の中心となったグレイズハーバー郡での違法栽培捜査規模は過去最大となったそうだ。

同州での大麻栽培について記事は「許可証を取得すれば合法的に栽培できる」と解説しており、今回の捜査では許可証が未取得であった上、学校付近など栽培が禁じられている場所でも、この違法行為が行われていたことが確認されたと説明。捜査関係者が「違法栽培された大麻は主に東海岸に運ばれている」と見ていることや、不当に得た利益が他の犯罪集団の資金になっている可能性があることを伝えた。(翻訳・編集/野谷)