中学3年のとき、「全日本学生音楽コンクール」のバイオリン部門で優勝したことがある音楽少年はなぜデリヘルで働くようになったのか(写真:駒草出版)

デリヘルドライバーという職業があるのをご存じだろうか。

デリバリー型ファッションヘルス、通称・デリヘルという性風俗の一形態がある。その名の通り、女性を客の元へと派遣(デリバリー)するものだ。もともと日本のセックス産業は、東京であれば歌舞伎町のような繁華街か、あるいは吉原(台東区千束)などの風俗街に店舗を構えて営業していたものだった。

ところが2000年代に入り条例が幾つか改正され、「店舗型風俗店」の新規開店が禁止となり、結果デリバリー型(デリヘル)の風俗店が爆発的に増加した。つまりかつて風俗とは客が店に足を運ぶものだったのが、逆の構図となった。デリヘル嬢たちは店が所有するマンションの一室などで待機している。したがってそこから客のもとに女性を送り届ける、「デリヘルドライバー」という新しい職業が生まれたのだ。

個性的な前歴を持つ男たちのなかでも

それでは、どういう人たちがデリヘルドライバーになるのだろう? 東スポこと『東京スポーツ』に代表されるスポーツ紙の求人欄を広げてみれば、そこには「デリヘルドライバー急募」という文字がズラリと並んでいる。「即採用」「ガス代支給」「日給一万円以上」など、特に「日払」と大きく打つところが多く、「年齢不問」とされるところも少なくない。

これはどういうことか。職とカネのすべてをなくし、今日の食事すらままならない状態の者でも、運転免許証を所有し車の運転さえできれば、明日からは何とか生きていける職業だということもできるだろう。  

今回、『デリヘルドライバー』(駒草出版)という本を書くにあたり、9人の人物に取材した。元闇金業者、元ホスト、渋谷のギャル男でプッシャー(違法ドラッグの売人)だった若者、組から逃亡した元ヤクザ、性転換した元女性などなど、実に個性的な前歴を持つ男たちに会った。

しかし誰よりもドラマティックだったのが、ここで紹介する風見隼人(50歳・仮名)だろう。彼は、かつてクラシックのバイオリン・学生コンクールで日本一になったこともある天才音楽少年であった。

風見は1967年生まれ。船橋市の公営団地にて、公務員をしていた共働きの夫婦のもとで育った。彼が3歳のときだった。NHKテレビでオーケストラ演奏が中継されていた。するとまだ字も書けないような幼い子が第一バイオリン奏者を指差し、「ボク、あれをやってみたい」と母親に告げたのだという。

風見自身にはまったく記憶がない。教育熱心で若い頃はひそかにピアニストを目指したこともある母親は、すぐさま町内にあったバイオリン教室へ息子を通わせることにした。才能が開花するまでさほど時間はかからなかった。教室の先生は、「この子は私のところで習わせるにはもったいない。もっと専門の、有名な先生につかせた方がいい」と母親に助言した。

「全日本学生音楽コンクール」バイオリン部門で優勝

抜群に耳のいい少年だった。ある曲を一度聴くだけで、旋律を覚えるだけでなく、曲の持つ微妙なニュアンスまでを精緻に弾きこなした。そして中学3年のとき、毎日新聞社の「全日本学生音楽コンクール」、バイオリン部門で優勝した。

ただし、彼は音楽一筋の真面目な子どもではなかった。何しろたいして練習しなくても弾けてしまうので、家ではサボッてばかりいた。親はうるさく注意したが、友だちが「野球しようぜ!」などと呼びにくると、窓から抜け出して遊びにいった。この慢心と遊び好きが、やがて彼を堕落させていくことになる。  

学生日本一の称号をひっさげ、風見は名門・桐朋学園に推薦入学で進学する。同期には指揮者の渡邊一正(現・東京フィルハーモニー交響楽団)、バイオリニストでは1学年下に高嶋ちさ子がいた。その頃に両親が離婚、お嬢さんお坊ちゃんばかりの中で、母親に引き取られた風見は奨学金をもらい、4畳半2人部屋の学生寮で暮らしながら音楽に励んだ。

しかし、やがて彼は道を踏み外し始める。学費は免除されていたが、それでも寮費や生活費は必要だ。歌舞伎町のディスコの黒服など、水商売のアルバイトを始める。すると生来の遊び好きの血が騒いだ。時代はバブル真っ只中、元々端正な顔立ちで女性にモテた風見は、バイオリン専攻の音大生いう肩書きもあって、派手なボディコンに身を包んだ女の子たちからちやほやされた。

酒とセックスに溺れた。練習不足になり、バイオリンは当然のように壁にぶち当たった。桐朋学園「ソリスト・ディプロマ・コース」という7年間のエリート音楽家育成コース、その最終学年22歳にして、風見はすべてを断念する。「まったく違った道を目指してやれ」と、退学してホストの道を目指すのである。息子の成功を願い、離婚後は住み込みの家政婦をして仕送りを続けていた母親は号泣したという。

彼が選んだのはカリスマホストの愛田武が経営する歌舞伎町『愛-本店-』。ホストも決して甘い世界ではなかったが、根っから性格が明るく社交的な風見は、すぐにナンバーテンに数えられる人気者となった。ところが、ひとりの客が1日に1000万円使うことすらあり、プレゼントにフェラーリ1台なんてのは序の口の時代、とある出来事からその仕事を辞めなければならないこととなる。

客の女性がよくやる、若いホストへのいじめにも似たゲームだった。帯付きの100万円の束をテーブルにポンと置き、「コルドンブルー1本、ピッチャーに開けなさい」と彼女は言った。飲み干すことができたらあげるというわけだ。酒好きで負けず嫌いの風見は笑顔で、「いただきまーす」と飲んだ。そして、飲み干しトイレに行こうと立ち上がったところで昏倒する。

そのゲームを2度やって病院に担ぎ込まれたとき、医者は「今度やったら命の保証はしない」と言った。酒が飲めなければもうホストはできない。そう考えだしたとき、指名客だったキャバクラ嬢のスポンサーから、出資するので違法ポーカーゲーム店の店長をやらないかと誘われる。バブルの残り香が漂う六本木、入口に監視カメラを設置して、私服刑事の内偵に眼を配らなければならない商売は大いに儲かった。給料はなんと1日10万円。月収300万円である。

酒が飲めなくなった風見は、クスリと女に走った。ゲーム店はヤクザと通じる商売だ。クスリは簡単に原価で手に入る。女はデートクラブだ。1日12時間働いた後、そのまま渋谷のラブホテルへ入り、残りの12時間とっかえひっかえ女を抱いた。1日10万入るのだからカネは使い放題。クスリが効いているので眠る必要すら感じず、ハイになっているので恐いものなどなく、ちょっとでも気に入らないデート嬢が来たらチェンジを繰り返した。「あのままやっていたら死んでたか、生き残っていても刑務所暮らしだろうね」と振り返る。けれどそんな彼を救ってくれたのも、やはり女であり性風俗だった。

立川駅近くにデリヘルをオープン、自ら経営者に

ある日デートクラブにも飽きてファッションヘルスの店にふらりと入ったとき、ひとりの女性と知り合った。現在の妻である。彼女は風見にクスリを断たせ、自分の働く店に勤務するよう勧める。働き始めてみると風俗産業は彼の性に合った。

以降、風見は商売に熱中し、当時流行っていたイメクラのチェーン店では社長代行という地位まで出世。その店が摘発と東京国税局の査察で閉店を余儀なくされると、オーナーは彼の求めもあって700万円を無担保で融資。風見は友人の勧めもあって、立川駅近くにデリヘルをオープン、自ら経営者となる。

妻と彼を慕うホスト時代の後輩と3人、寝食も忘れて働いた。ところが、予想外に苦戦を強いられることとなる。現在、東京であれば多少郊外であってもデリヘルは点在するが、当時の立川はまだ未開の地であった。そのためか、肝心のデリヘル嬢が募集しても集まりにくかった。地元の女性は、風俗で働くなら都心へ出てしまう。何しろ中央線なら30分弱で新宿に出られるのだ。また、地元の立川だと親バレ、彼氏バレしてしまうからという女の子も多かった。

そこで風見隼人は突飛な行動に出る。新宿の紀伊國屋書店に走り、九星気学の本を買うのだ。700万円を貸してくれた前店のオーナーが気学に凝っていて、やたら方角などを気にしていたのを思い出したからだ。本を読んで勉強していくと、やはり専門家に見てもらうべきだとわかり、駒込で事務所を開く気学の先生を訪ねる。

品のいい老婦人だった。すると彼女は風見が何も言わないうちに、「あなた、立川にお仕事を移された?」と聞いたという。驚いて「なんでわかるんですか!」と問うと、「わかるわよ、そのくらい」と事もなげに言った。そして「また立川とは、悪い方角へ行ったものよねえ」と呆れたように呟いたという。彼女は、風見に以下の行動を取るよう指示した。毎月1度、東京から北西の方角、約100キロの場所まで行き、そこで一泊する。翌日は近くの神社で水を取って、土地のものを食し、温泉につかって帰ってくる。取った水は、東京に戻り、1週間で飲み干すこと。効果は、当日、4日目、7日目、10日目、13日目に現れる。

正直、まったく信じてはいなかった。しかし働きづめで身も心も疲れ切っていた。ここはひとつ休みを取るつもりで行ってみよう、温泉につかってリフレッシュして戻ればいいじゃないか。そう考えて出かけた。

宿を取ってさあ寝ようかと布団に入ったときだった。携帯が鳴った。店で働く後輩からだった。「明日の夜、(女の子の)面接のアポが入りました」という。そのときは特に気にも留めなかった。「わかった。夜までには戻るから」と伝えて眠った。ところが、そこから見事に潮目が変わったのだ。次々と新人嬢が面接に訪れるようになった。

美人ばかりではなかったが、どの娘も明るくて愛嬌があり甘え上手。デリヘル嬢にはぴったりだった。そこで風見は「──待てよ」と気づく。彼女たちが訪れたのは、まさに「当日、4日目、7日目、10日目、13日目じゃないか!」少し恐ろしくなった。

潮目が変わって大人気店に

嬢たちにはどんどんリピーター(指名顧客)がつく。そうなってくると、立川というデリヘル未開の地であることが逆に効いた。どんな町にも、風俗を求める男はいるのだ。まさに入れ食い状態で評判が評判を呼び、気がつくと風見のデリヘルはドライバー11人、内勤スタッフ6人、常勤デリヘル嬢50人以上という、大人気店になっていた。

ところがそんな風見の店は、やはり気学の方向によって転落していく。2005年、風営法が大幅に改正される。いよいよ派遣型ファッションヘルス(デリヘル)に対する規制が厳しくなったのだ。受付所は店舗とみなされ、住所などの届出が必要となる。それまでデリヘルは受付所、つまり事務所をどこに開こうと自由だった。

何しろ実際に嬢が派遣されて営業活動を行うのは客の自宅でありホテルなのだ。ところが事務所が店舗と見なされることになれば、当然、貸し主の許可が必要になる。マンションを借りて、そこで勝手に飲食店を経営するのがダメなのと同じ理屈である。

風見の店もマンションの一室に事務所を構えていた。大家に相談するとやはりいい顔はしない。何とかお願いしますよと頼み込むと、「地階にも部屋があり、そこなら目立たないので許可しましょう」ということなった。

同じ建物で上から下へ下がるだけなので、気学の方位としても同じだからと引っ越した。しかしそこを境に売上げは下降の一途を辿ることになる。2年間が経ち「これはおかしいぞ」と久しぶりに駒込の先生を訪ねてみると、「建物の上下だけでも方位は大いに変わり、運勢も激変するのだ」と教えられた。

それからは気学上も経営的にも改善を試みたが、店の状態は上向くことはなかった。最終的には、店を畳むことを余儀なくされる。ときは2008年10月。アメリカで証券会社リーマンブラザーズが破綻して間もなくのことだった。リーマンショックである。風見は、単に個人的な運気の下降ではなく、世界中を支配していた「気」が、あの時期大きく変わったのだと考えている。


しばらくは文字通り「気」が抜けてしまい、自宅でぼんやりと過ごしたが、イメクラ時代からの知り合いから「新宿でデリヘルを始めたんだけど、手伝ってくれないか」と乞われる。

こうして風見隼人は、デリヘルドライバーになった。陽気な彼は、「かつてバイオリン日本一になった天才少年が、それが今やしがないデリヘルドライバーですよ。頂点から底辺へ堕ちた。こんな男、ボクしかいないでしょう、アッハッハ」と豪快に笑う。

けれど風見はやはり、現在の仕事で資金を作り、また風俗店を経営したいという夢を持っている。なぜなら「自分は風俗嬢と太い絆で繋がってるからだ」と語る。「妻もかつて風俗嬢だった。彼女には本当に助けられたし、今も支えてもらってます。バイオリンは挫折したし、ホストも中途半端で終わった。だから立川時代も今も、僕は風俗嬢に食わせてもらって、生かしてもらってるんです」と。