ローラが実践して話題になったジュースクレンズ

写真拡大

【写真を見る】「麦のちからビスケット」(森永製菓)/Instagram:maitanaka1217より

最近、働く女性の間で「朝食にはあまり時間をかけたくない」「朝はやるべきことが多く、朝食の優先順位が低くなる」という声を多く聞くようになってきました。中には、朝食の準備から食べ終わるまで5分で済ませる人もいるんだとか。また、ダイエットも兼ねて朝食を抜いてしまう人もいるようです。

ただ、朝食を抜いてしまうと、体温がなかなか上がらず、体が省エネモードになって逆にカロリー消費しづらくなったり、糖分が供給されないと頭がなかなか働かず、午前中の仕事や家事に支障をきたしてしまうこともあり、あまり良い習慣とは言えません。

 

■ 忙しい朝でも食事をとろう!

「食事を抜かない」ということを第一に考えれば、なにかを口に入れるだけでもずいぶん違ってきます。すぐに食べられるグラノーラやスムージー、サラダチキンなど、時間をかけずにエネルギーを摂れる食品が人気なのは、こういった背景があるのでしょう。

森永製菓から発売された「麦のちからビスケット」もそんな朝食代替品のひとつ。体に嬉しい素材の全粒粉・オーツ麦・ライ麦・小麦胚芽を練り込み、素材からくるざくざくした食べごたえと香ばしさ、優しい甘さが特徴です。食器に移す手間もなく、簡単にワンハンドで食べられるので、1日のスタートの忙しい朝食シーンにフィットしそうですね。

 

■ 忙しい朝には、短時間で栄養が取れる工夫を

朝から固形物を食べるのが大変なら、ダイエットを兼ねた「ジュースクレンズ」を取り入れてみるのも1つの手です。

ジュースクレンズとは、固形物の食事の代わりに新鮮な野菜、果物を使い低速ジューサーで搾ったコールドプレスジュースと水を飲み数日間過ごす美容ダイエット方法で、固形物の消化に使う1日のエネルギー(なんとフルマラソン1回分!)がデトックスや肌、髪の毛などの体の再生にまわされ、添加物などの老廃物の排出を促進するため、美容効果が高いことで注目されています。

このように、栄養バランスがよく、短時間でエネルギーを補給する手段はほかにもいろいろあります。午前中からバリバリ働くため、また美容や健康のためにも、朝ごはんの代わりになる「代替食品」を、毎日に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

■ 【関連レシピ】小松菜ジュース

いそがしい朝にうれしい、さっと飲める野菜ジュースです。

<材料>(2人分)

小松菜…1/2わ(約100g)

キャベツ…2〜3枚(約100g)

豆乳(成分無調整)…1カップ

<作り方>

1.小松菜とキャベツはざく切りにしてミキサーに入れる。豆乳を加えて、なめらかになるまでかくはんする。(レタスクラブニュース)