米アマゾン・ドットコムが、ようやくオーストラリアでeコマース事業を始めた。アマゾンは同国で、2012年にクラウドサービス事業を、2013年に電子書籍の販売事業を開始していたが、これまでオーストラリアの人々は、米国や日本などのように、同国のアマゾンサイトで、電子機器や食品などの買い物ができなかった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

広大な国土と少ない人口

 米ブルームバーグの報道によると、オーストラリアのアマゾンサイトには、すでに数百万点の商品が掲載されている。また同社は一部の地域の顧客に向けて、翌日配送サービスも始めている。

 今後は、商品カテゴリーを20種類以上に増やし、送料無料の配送サービスも提供する予定だと、アマゾンは説明している。

 アマゾンは、世界14カ国でウェブサイトを展開し、180カ国以上に商品を配送するインターネット小売りの世界最大手だ。その同社が、オーストラリアでeコマースを展開していなかったとは、不思議な話だが、ブルームバーグによると、同国における事業展開にはさまざまな課題があったという。

 例えば、オーストラリアは米国とほぼ同じ規模の面積を持つ国だが、人口はわずか2400万人。多くが沿岸地域に住むといった人口分布の偏りがあり、主要な人口密集地域は、それぞれ約4000キロメートル離れている。こうした状況では、配送コストが高くなり、アマゾンのビジネスモデルが成り立たない。

 しかし、同社は南東部の都市であるメルボルンの近郊に配送センターを建設した。オフィスは、すでに同都市や、首都キャンベラ、シドニー、ブリスベーン、そして、南西部の都市パースに設けている。アマゾンは今後、同国への投資を拡大するとともに、物流ネットワークを拡大していく計画だという。

アマゾンのアジア事業展開

 そして、このオーストラリアにおけるeコマースの展開は、アマゾンのアジア太平洋地域における事業拡大戦略を推し進めるものだと、ブルームバーグは伝えている。

 同社は、今年(2017年)7月、シンガポールで、注文商品を2時間以内に配達するサービス「Prime Now(プライム・ナウ)」を始めた。同じく7月には、インドで、アマゾン自らが商品を仕入れ、顧客に直接販売する事業が始まると伝えられたほか、先ごろは同国でAIスピーカー「Amazon Echo(エコー)」の販売を始めた。

(参考・関連記事)「アマゾン、ついに念願かなう」

 さらに、同社は昨年、インドと中国で、有料会員プログラム「Prime(プライム)」を開始した。

(参考・関連記事)「米eコマースの巨人は中国市場で成功するのか」

豪州で商品とサービスの拡充は来年以降

 一方、オーストラリアで、Primeが導入されるのは、2018年半ばになる見込みだ。今のところ、同国における商品やサービスは、他国と比べ圧倒的に少ないという状況。例えば、米国や日本などで提供している生鮮食料品のネット販売「AmazonFresh」は、まだオーストラリアにはない。

 米シーネットによると、先ごろ日本でも販売が始まったAmazon Echoや、有料音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」がオーストラリアで利用可能になるのは、2018年初頭。具体的な販売、サービスの開始時期は、まだ明らかになっていない。

(参考・関連記事)「ついに日本上陸、アマゾンのAIスピーカー「Echo」」

筆者:小久保 重信