丸瀬布駅に停車するJR北海道のリゾート列車「クリスタルエクスプレス」。2回目のモニターツアーではこの車両が使用された(筆者撮影)

現在、北海道では観光列車を運行する計画が進んでいる。

今のJR北海道には、先行する「ななつ星in九州」「TRAIN SUITE 四季島」「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」といった超豪華車両に伍する車両を造る体力がないのは、誰もが知るところだ。

そこで北海道が主導して、どのような観光列車を走らせるとよいかという「観光列車旅行者動向調査事業」が立ち上がり、全3回のモニターツアーが企画された。すでに2回実施されているが、11月上旬に行われた2回目に筆者が同行し、道が目指す観光列車の可能性を見聞きしてきたので、ここに報告する。

ツアーは最短17分で売り切れ

道がプロポーザル方式で公募した同調査事業を受託したのは、日本旅行北海道と道銀地域総合研究所のコンソーシアム。使用車両や列車ダイヤの調整を経て、日本旅行がモニターツアーを発表したのは9月12日のことだった。日本旅行といえば、道南いさりび鉄道で昨年から走らせている人気観光列車「ながまれ海峡号」(7月8日付記事「『日本一貧乏な観光列車』が人気を集めるワケ」で紹介)が思い浮かぶ。このユニークな観光列車を走らせた日本旅行だけに、モニターツアーでも何かと仕掛けがあるものと期待が高まった。

発表されたツアーは3回5コースで、内容は以下のとおり(宿泊を含むコースの料金は2人1室の場合)。

●1回目 10月28日(土)〜29日(日) 1泊2日 1万4900円
 大地の恵み体感1泊2日最北への旅路・宗谷本線
 ノースレインボー使用【旭川発〜稚内〜旭川着、片道バス使用】
 Aコース 往路列車+復路バス観光コース 募集80人
 Bコース 往路バス観光+復路列車コース 募集80人
●2回目 11月3日(金・祝)〜5日(日) 2泊3日 3万9800円
 道東ハイライト・感動本線ふれあいの旅・2泊3日
 クリスタルエクスプレス使用(根室・釧網・石北本線)
 3日目 Aコース サロマ湖 / Bコース 丸瀬布いこいの森 募集各40人
3回目
2018年1月27日(土) 釧路発〜網走着・日帰り 募集80人
2018年1月28日(日) 網走発〜釧路着・日帰り 募集80人
いずれもクリスタルエクスプレス使用 9800円

1回目と2回目は、9月15日の15時に同時発売となったが、1回目は23時間で売り切れ、2回目はなんとわずか17分で売り切れる大人気となった。

2回目の参加者は、キャンセルが1組あったため78人での催行となった。内訳は、2人での参加が25組50人、1名での参加が28人。道外からの参加者は2割弱で、残り8割強のほとんどが札幌圏在住者だ。なかには、中国・タイ・インドネシア国籍の日本在住者もいて、アジアにおける北海道への注目度が感じられる。また、年齢は50〜70代の熟年層が中心となっている。

ちなみに、1回目は道外からの参加者が3割弱と、2回目よりやや多かった。年齢層も40〜60代が中心とやや若い。1回目が1泊2日で、今回は2泊3日であったことから、休みの取りやすさの違いがこの年齢層の違いに出たのであろうか。

2回目のコースは、札幌から千歳線・石勝線を経て根室本線に入り、途中、バスを使いながら、釧網本線・石北本線と回る2泊3日の旅。初日に釧路、2日目に網走での宿泊となる。

地元の歓迎は「3点セット」


「ゆるキャラ」+「横断幕」+「首長(市町村長)」の“3点セット”での出迎えの様子(筆者撮影)

その途上では、駅で乗降するたびに地元の歓迎を受けた。それらの歓迎様式は、「ゆるキャラ」+「横断幕」+「首長(市町村長)」の“3点セット”での出迎えが基本だった。ツアーの当初こそ出迎えには新鮮味があったものの、後半になるにつれ、しだいに金太郎あめを思い出す代わり映えのしない行事と感じるようになった。前週に実施された1回目のツアーの歓迎行事を知り、横並びの意識で実施したのだろうか。各地でお骨折りいただいた方々には感謝するものの、同じパターンでは効果が限られてしまう点に残念さを感じた。

そのなかで、初日の白糠(しらぬか)駅と2日目の知床斜里(しれとこしゃり)駅は、ひと味違っていた。白糠駅では「3点セット」に加えて、旬のシシャモと地酒のしそ焼酎「鍛高譚(たんたかたん)」の試飲、それに地元に伝わる白糠駒踊りの披露があった。白糠駒踊りは、鉦(かね)・笛・太鼓のにぎやかな音と踊りの激しさに度肝を抜かれた。聞くところによると、前日に予行演習までして分刻みのスケジュールになっていたという。

また、知床斜里駅のある斜里町には、友好都市である青森県弘前市の伝統行事「ねぷた」を伝授した「しれとこ斜里ねぷた」という行事がある、その伝授に至った歴史的経緯をねぷた囃子(はやし)の合間に紹介することで、地域の誇りをツアー参加者に伝えてきた。同駅ではダイヤの都合で2時間弱滞在という十分な時間があったのも理由だろうが、首長は冒頭控えめに話すだけで、その後を若者と子どもたちに託したことが功を奏したと感じている。

では、今後の観光列車において、これら地元の歓迎は必須であろうか。

個人旅行では味わえない地元の人とのふれあいなどは、観光列車に期待されることであろう。しかし、それがいずれも「3点セット」では訴求力が不足する。だからといって、白糠町や斜里町のような熱のこもった歓迎行事は、持続するのに無理があるだろう。地元に負担をかけすぎず持続でき、さらにおカネも地元に落ちるような仕組みが必要だ。

その点、旅行の目的となる特産品の試食・試飲と販売は、ありきたりながらも鉄板の素材である。特に旬の味覚は、風光明媚な車窓とともに旅行者を満足させる要因となろう。

たとえば今回、白糠駅で食したシシャモは、参加者一同が口々においしいと絶賛していた。それもそのはず、日本全国で売られているシシャモのほとんどは、よく似た代用魚で、本物は日高沖の太平洋にしか生息していない。その本物のシシャモは、11月上旬を中心に産卵のために日高を離れ、襟裳岬を回り込んで北上し、太平洋岸の川をさかのぼる。つまり白糠付近にやってくるのだ。そのおかげで、ツアーではまさに旬のシシャモが提供されたのだった。

だが、このことを知って食べた参加者がどれだけいたのか疑問だ。白糠として“本物のシシャモの旬”をPRできる絶好のチャンスだっただけに、もったいない気がした。こういった旬な特産品を巡る旅は参加者受けするだけに、観光列車の企画面ではよい商材といえよう。

車両をどうするか?

北海道の観光列車を考えるに際して、問題になるのは車両だ。


石北本線の特急「大雪」(手前)も、今回のツアーに使われたクリスタルエクスプレス(奥)もキハ183系だ(筆者撮影)

モニターツアーでは、1回目にノースレインボーエクスプレス、2回目と3回目はクリスタルエクスプレスというJR北海道のリゾート車両を使用した。いずれも国鉄時代に製造されたキハ183系に属する車両だが、同形式は老朽化により遠からず全廃が予想されるため、これら2編成もいつまで走るか予断を許さない状況だ。

となると、近い将来に本格運行を検討している観光列車には、これら以外の車両を使うことを前提とした構想が必要になってくるだろう。そこで、ツアー中に関係者に聞き回ったところ、人によって少しずつ見解が異なった。

共通していたのは気動車を使用すること。そして、超豪華車両ではなく、ラウンジなどのフリースペースがある従来型のリゾート車両という点だ。制約の少ない気動車が望ましいという点は筆者も同意する。従来型の汎用性があるリゾート車両も、現実的な考え方であろう。異なる見解があったのは、両数だった。「2両あればよい」「フリースペースと売店のある車両が1両ついた3両編成がよい」「ゆったりとした座席を考えると、3両ではバス2台分となってしまうので、集客上4両編成が無難だ」といった具合だ。

ツアーでは、最後に参加者全員に対してアンケート用紙が配布されたが、その設問の中に“「北海道らしい観光列車」について”という項目があった。この結果も含めて、今後、観光列車の車両をどうするかが検討されていくことになろう。

北海道観光列車モニターツアーを主催する日本旅行北海道の責任者である、永山茂地方創生推進室長に今後の展望を聞くと、今年度は3回5コースを実施するが、来年度はコースを絞ったうえで、四季折々に走らせたいという。一連のモニターツアーの結果を反映させた、より完成度の高いツアーにしていきたいと考えている様子だ。

しかし、それを実現するには、現状のやり方では限界も感じるという。その最たるものは、道の年度予算だ。毎年競争入札により受託業者が決まるのだが、年度予算の関係で新年度に入ってからの公告となり、選定結果は今年度と同様に5月下旬となってしまう。そこから企画を進めると、JR北海道や立ち寄り先との調整と並行してパンフレットの作成もあるため、急いでもツアー募集と実施が秋以降になってしまう。つまり、北海道の観光シーズンである夏場に催行できないのだ。


丸瀬布を走る蒸気機関車。雪中の走行は迫力があるが、森林浴に訪れる地だけにツアーでも運転レギュラーシーズンである夏場に訪れたい(筆者撮影)

実際、今回筆者が参加したツアーでも、2日目の900草原と渡辺体験牧場は雪の中だったし、3日目の丸瀬布も同様だった。丸瀬布では新雪の中を蒸気機関車「雨宮21号」が走る姿を見ることができ、結果オーライとはなったものの、本来はすでに今シーズンの運行を終えていて、このツアーのために特別に走らせてくれたものだった。

さらに、急いで売り出しても晩秋からとなった今回のツアーですら、JR北海道から提示された運行スケジュールについて精査する余裕がなかったという。単線区間がほとんどのJR北海道の路線だけに、停車時間の調整は簡単ではない。それだけに、観光先と停車時間・回送時間について精査して、さらに調整してこそ完成度の高いツアーが出来上がるのだ。その点でも年度予算という障壁は、厄介なものだ。複数年度契約が検討されてもよかろう。

個人旅行にも生かせるツアーを

一方、将来構想は、なかなかユニークだ。観光列車用の車両を準備したうえで、今回のようなパッケージツアーとともに、ツアーのバラ売りもしたいという。たとえば3日間のツアーの場合、初日だけ、2日目だけといったように、特定の日だけに参加できるようにして、個人旅行の内容充実に役立てるようにしたいというのだ。

さらに永山氏は、地域ごとに特色ある仕組みを作ることで、各地域の魅力を引き出し、結果としてその地元におカネが落ちる形を確立したいという。初回のモニターツアーで寄った名寄(なよろ)駅では、隣町の士別(しべつ)との「ジンギスカン対決」をしている。名寄は煮込みジンギスカン、士別は地場産のサフォーク種という人気のラム肉を使用した焼きジンギスカンと、隣町でありながら食べ方が大きく違っている。その食べ比べは、ツアーを組めば楽しめるように、地元ですでにノウハウが確立されているという。

このような、その土地ならではの仕組みを各地に作り、それらを巡る旅を作っていきたいとのことだ。


観光列車を地方創生に活用したい。北浜駅前で太鼓を披露してくれた白鳥台小学校の生徒たち(右)と、ABASHIRIバルプロジェクトPRのために列車に同乗した観光大使「流氷パタラ」(左)(ともに筆者撮影)

この動きは、単なる観光列車のツアーではなく、地方創生の一環と位置づけられよう。札幌圏はもちろんのこと、国内から訪日外国人までを対象とした旅行者に、ゆったりとした観光列車に乗ってもらって、北海道の景色を楽しんでもらう。その行く先々では、その土地ならではの飲食や体験ができる。その結果、ツアー参加者が喜ぶのはもちろんのこと、鉄道の必要性が認識され、さらに沿線各地に観光収入をもたらすことになる。

この好循環が生まれたならば、ともすると鉄道に将来はないとして廃線を前提としがちなJR北海道問題に対して、いかにして存続させるかという議論に変わってくることが期待される。

この点について、道の事業の座長を務める北海道大学の吉見宏教授は、次のように指摘した。

「JR北海道の財務状況を考えたとき、北海道は車両保有の母体の枠組み自体を考えるべきである。ただし、運行・整備・乗務員等はJR北海道に委託する。車両を保有しつつ、実際の運行を鉄道会社に委託するケースは『東武博物館』が動態保存する8111編成を東武鉄道が運行している例がある。この前例が参考になるであろう」
「また、利益が出ないからと廃止するのではなく、鉄道を道道と同じように位置づけた上下分離を行う。その線路や施設は、北海道の企業や第三セクターなどが所有し、列車の運行等についてはJR北海道が担当するのだ。そのうえで観光列車を走らせれば、JR北海道の収支改善を図ることができるだけでなく、観光振興と地方創生の両面にも役立つはずである」

観光鉄道への脱皮促進を

これらの関係者の展望を基にした筆者の考えでは、道は近い将来に、観光列車用のリゾート車両を数両新製することが望ましいと思う。単独運行とともに定期列車への連結も可能な気動車とすることで、バス1台分のツアーの場合には、定期列車の先頭か最後部に1両だけ増結するといったこともできよう。ツアーがないときには、JR北海道が借りて定期列車に増結し、特別車両として割増料金で運転することもできるのではないか。この方式が軌道に乗るようなら、同仕様の車両を需要に応じて1両ずつ増備する手もあろう。

ともすれば、悲観的な観測が主流となりがちなJR北海道だが、北海道観光列車モニターツアーに参加し、関係者の構想を聞いた結果、将来展望に対する確かな手応えを感じた。一筋縄ではいかない案件であることは間違いないが、一方で、観光における北海道ブランドは、日本全国の観光関係者の誰もがうらやむ超優良ブランドであることも事実だ。

ぜひ、この先も関係者の英知を結集して、JR北海道路線の公共交通から観光鉄道への脱皮を促進してほしい。