こんにちはYouTubeの再生回数の肥やしのみなさん。今日も元気に広告スキップしてますか?

 マジで、若年層の言う「音楽を聴く」がほぼイコールで「YouTubeを見る」ということになっている。そりゃそうだ。バンドがレコーディングスタジオに何十万も払って作った音源をお家にいながらタダで見放題。見るわな。小学生に「なんでCDなんか買うの?」って言われても理路整然と説明できる気がしない。きっと俺はプラスチックケースの角で目を殴ってしまう。うるせえ。そういう生き方しかできなかったんだよ。CDジャケットを手に取るとなんかワクワクしちゃうんだよ。新品のCDのフィルムを剥がすのが好きなんだよ。

 とは言うものの、試聴という意味ではYouTubeは本当に便利で、自分も毎日張り付いて眺めてはいる。関連動画を順々に見て行くだけで、ちょっと流行ってるバンドだったらだいたい全部つまみ食いできてしまう。

 そんなYouTube上で一時期やたらに見かけたサムネイルがある。これ。

 

 このMV当時めちゃくちゃ目につきませんでしたか。サムネイルの華歩に、俺の中の安藤きをくがめちゃめちゃに反応する。

 現時点で69万再生と、中堅のバンドの中では破格の再生数を誇るこの曲、マカロニえんぴつの鳴らせ。

 KANA-BOON全盛だった当時、こういうポップでノリの良いバンド曲の需要が高まっていたし、シンセリードはインパクトがあった。MVも顔の近さを気にしているうちに最後まで聴いてしまう。邦楽ロックバンドを好きで追いかけていた人たちなら間違いなく一度は耳にした曲だと思う。ライブも多かったですしね。

 でも、ミュージックビデオで一発ヒットを売って、Youtubeを皮切りに人気が出る!っていうのは夢があるんだけれど、反面損もあるんじゃないかと。そんでもってマカロニえんぴつはその損を直撃してると思うのだ。これはイカンということで今回は改めてマカロニえんぴつをみなさんにご紹介するとともに彼らに対する潜在的な誤解をですね、解きたいと思う次第です。

消費者に”2度目”はない

 例えば、昼飯になんとなしに入った中華料理屋の飯がマズかったと、そしたらそこで飯を食う事は二度とないですよね。

 良くも悪くも、消費者は商品やサービスに対して一度ついたイメージを簡単には拭わない。

 その中華料理屋だって、たまたま頼んだメニューがハズレだっただけかもしれないし、一年経って味が良くなってるかもしれない。でも客側からしたら現状は関係なく「あの店はこうだったな」というイメージだけ残っているわけで、よほどの事がない限りもう一度そのお店に挑戦することはないのだ。

 マカロニえんぴつは「鳴らせ」で、同じ憂き目に遭っている。あの曲、あのMVだけあまりにも一人歩きしすぎた。

 たしかにヒットしてしかるべき曲だったと思うんだけれど、当時の時代性に則しすぎていたというか

「マッシュヘアのボーカルがやってる最近っぽいバンドね」

 というイメージがあのMVで固着してしまったんじゃないかと。少なくとも自分はそう思っていた。あー鳴らせのバンドねー、っていう。

 

 本当にすみませんでした。

 名前伏せられてこれ聴かされても絶対マカロニえんぴつってわからない。超垢抜けてる。今の髪型の方が絶対良い。

 前は「みんな好きそうだし売れそうだ」っていうちょっと他人事な目線だったんだけど、この曲はホント素直に好き。サビが強すぎる。どんな曲が良い曲なのか?っていう尺度は色々あるとは思うけれど、一回聴いたら歌えちゃう曲って音楽として正しいですよね。

 

 そりゃ、一曲聴いたくらいで知った気になっていたこっちもこっちだけれど、誤解を招く要素が多すぎるんじゃないかと。マカロニえんぴつって名前からしてどうなんだと。夏フェスよりもM-1グランプリの方が馴染みそうな名前ですよね。こんな硬派な歌モノやってるとは思わんでしょ。

 ことマカロニえんぴつに関して言えば、作詞作曲を全員ができるのも強みで「鳴らせ」のイメージだけで通り過ぎてしまうのはもったいなかったなと。曲幅が本当に広い。ちゃんと一つのバンドとして楽曲に統一感はあるんだけど、同じような曲はほとんどない。

 件のMVからはや三年が経っており、三年あれば変わるバンドも変わらないバンドもいるけれど、マカロニえんぴつはその中でも特に豹変を遂げている。特にここ一年はそれが顕著だ。ルックスから編曲、アートワークに至るまで良い意味で様変わりを見せた。大人になった、という感じ。前の楽曲は同世代に応援される若いバンド!というイメージだったんだけれど、最近はファンに、同業者に、憧れられるようなカッコいいバンドに成長した。

 

 新作こんな感じですってヨ。

 僕の誤解もちゃんと解けたように「鳴らせ」で通り過ぎていたみなさんにももう一度マカロニえんぴつを聴いてもらって、好きになってもらえたらいいなと思います。是非。

 それでは。

Copyright © 2017 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.