横浜FMが元ポルトガル代表指揮官に興味か

写真拡大

▽監督の椅子が空いている横浜F・マリノスが、元ポルトガル代表監督であるパウロ・ベント氏(48)の招へいに興味を持っているようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。

▽現役時代はベンフィカやスポルティング・リスボンなどでプレーし、ポルトガル代表としても2000年のユーロや2002年の日韓ワールドカップに出場するなど、35キャップを記録しているベント氏。

▽現役引退後はスポルティング・リスボンやポルトガル代表、クルゼイロなどで指揮を執り、今年3月にオリンピアコスの監督を解任されてからはフリーとなっていた。

▽そんなベント氏には、日本と中国のクラブからの関心があるとのこと。そのクラブは横浜FMであるとのことだ。

▽横浜FMは、エリク・モンバエルツ監督が退任し、元オーストラリア代表監督のアンジ・ポステコグルー氏を招へいするとの話も浮上している。

▽ベント氏への中国からのオファーは金銭的に魅力的とのことだが、果たしてどのチームで指揮を執るのだろうか。