フーファイとガンズ、AC/DCマルコム・ヤングへ曲を捧げる

写真拡大

他界したAC/DCのギタリスト、マルコム・ヤングを追悼して、デイヴ・グロールは「ロック魂」(原題:Let There Be Rock)を、ガンズ・アンド・ローゼズは「ホール・ロッタ・ロージー」(原題:Whole Lotta Rosie)を捧げた。

フー・ファイターズとガンズ・アンド・ローゼズは、3年に及ぶ認知症の闘病の末に64歳で旅立ったAC/DCのギタリスト、マルコム・ヤングを偲び、逝去した土曜日に行われたコンサートでマルコムを追悼した。

コンクリート&ゴールド・ツアー中、アンコールで必ず「ロック魂」を演奏していたフー・ファイターズは、土曜日にメキシコのコロナ・キャピトル・フェスティヴァルで行われたライブのオープニングに、1977年リリースのAC/DCのこの曲を持ってきた。

「今夜はマルコムのために最高のロックンロール曲をプレイするぞ」と、ステージ後方の大型スクリーンに映し出されたマルコムの写真を背に、デイヴ・グロールは観客に宣言した。

その日、ライブ前に出されたマルコムへの追悼文で、グロールは1980年のコンサート映画『Let There Be Rock』が自身の「人生を一変した」と述べている。

「あの映画、つまり1979年にパリで行われたAC/DCのライブ演奏には、ロックンロールのすべてが詰まっている。汗まみれで、開放的で、ラウド。完璧なバンドが披露する容赦ないパフォーマンス。あれが音楽を聞いて理性を失った初めての経験だった。バンドをやりたいと思わせた最初の音楽だった。俺は、もうギターなんてやめる、ギターなんて叩き壊してやる、と思ったね」そしてグロールは続けた。「マルコム、ありがとう。数々の曲、あの独特のフィール、あのクールさ、長年に渡ってロックンロールを解き放ち続けてくれたこと、すべてに感謝だ。俺も今夜、マルコムのためにそうするよ」

ガンズ・アンド・ローゼズも同じように、土曜日にカリフォルニア州サクラメントで行われたコンサート中にマルコム・ヤングを追悼した。ブライアン・ジョンソンの代役でアクセル・ローズがAC/DCに参加した時期にマルコムと共演することはなかったが、アクセルと弟のアンガスは現在も交流が続いている。

「これをマルコム・ヤングに捧げる。彼の喪失がとても惜しまれる。弟のアンガスが最も悲しんでいるよ」と、スラッシュがギター1本で奏でるアリス・クーパーの「血を流す女」(原題:Only Women Bleed)をBGMに、アクセルが観客に語った。

このMCに続いて、ボブ・ディランの「天国への扉」(原題:Knockin On Heavens Door)と、AC/DCの「ホール・ロッタ・ロージー」が演奏され、マルコムに捧げられた。

ローリングストーン誌への声明文で、スラッシュはこう述べている。「マルコム・ヤングはロックンロールではこれまでで最高のリズム・ギタリストの一人だ。彼は素晴らしいソングライターであり、その労働倫理もあっぱれだった。スティッフ・アッパー・リップ・ツアーでAC/DCと一緒にツアーし、マルコムが本当にクールで堅実な男だと知ったんだ。彼が逝ってしまったことによって、ロックンロール・コミュニティの全員の胸が張り裂けそうになっているよ」

This goes out to Malcolm Young.
He will be sorely missed. pic.twitter.com/gO1mWVuDeR
- Guns N Roses (@gunsnroses) 2017年11月19日