<ファイナルクオリファイングトーナメント 最終日◇5日◇セントラルゴルフクラブ 西コース(7,165ヤード・パー72)>
来季のレギュラーツアー出場権をかけた戦い、「ファイナルQT」で3日目から首位を走り続けてきた木下稜介。初日から60台のスコアを並べてきたが、この日は2バーディ・2ボギーのイーブンパー“72”とスコアを伸ばせず。韓国のY・E・ヤンとアン・ベクジュンに追撃を受け、QTランク3位に後退して6日間の競技を終えた。
【スイング連続】海外メディアも松山英樹のスイングに注目
このQTではショットの調子が良かったという木下。きっかけは同学年である松山英樹の「ダンロップフェニックス」でのスイングを動画で見て、「ひらめくものがあった」。ビビっときたポイントはフェースを開いてバックスイングを上げること。「自分は調子が悪くなると閉じて上げるクセがあるので」。このひらめきを試したところ、スイングの再現性が向上。最終日までの快進撃につながった。
勢いそのままゴールテープを切りたかったが、後半の16番、17番ではアプローチを寄せきれずに連続ボギー。終盤での失速に「最後の3ホールで台無しですよ。本当にツメが甘い」と思わず苦笑い。快走を続けてきただけに、悔しさもひとしおだ。しかし、QT34位とギリギリで出場権を獲得した昨年にくらべれば、3位での通過は大きな前進といって間違いない。
来季、レギュラーツアーに出場するのが「本当に楽しみです。必ず優勝しますよ」と、言葉に力を込めた。このオフはショートゲームを磨きながら、高校の先輩・片岡大育とともにトレーニングに励むという。練習のスタートは「明日からです」。休みは入れず、来季の優勝を目指し走り続ける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

日本男子ツアー・ファイナルQT 最終成績
【スイング解説】ねじれの少ないオンプレーンスイング 若手注目・木下稜介
松山英樹 今季最終戦が終了も「休んでる暇はない」
“日本発アジア経由ヨーロッパ”夢の実現に向けた片岡大育の未来は?
ホスト大会で2位、やはり石川遼は「持ってる」【ツアーの深層】