新潟県出身の店主が営む老舗で、東京にへぎそばを紹介した先駆け的存在でもある。香りを生かすため、石臼引きした国産蕎麦粉を使用し、弱火でじっくり練った青森県・尻屋崎周辺で採れる上質な布海苔ををつなぎにして打つ。

越後屋(最寄駅:末広町駅)

表面が非常に滑らかなので、のど越しがとにかく抜群。“プリッ”とした独特の弾力も歯に心地良く響く。店で削った鰹節やアゴダシで作るまろやかなつゆが、この蕎麦をさりげなく引き立てている。夜は新潟県の郷土料理をはじめとした、つまみも充実。八海山、〆張鶴、麒麟山など、県産の銘酒とともに愉しむのもいい。

へぎそば(2人前)

“手振り”という独特の手法で盛りつけられた蕎麦は、見た目にも美しい。写真で約600gというボリュームも満点だ。大きな折敷の蕎麦を何人もで食べるのがへぎそばの流儀

佐渡一夜干し

産地から取り寄せており、弾力ある身の食感がいい

えご

海藻「えご草」から作られる新潟の定番の郷土料理。さっぱりとしていてツルリとした舌触り。酢味噌で食べれば、酒のアテにピッタリ

[その他のメニュー]
手振りそば(へぎそば1人前)830円、へぎそば(1.5人前)1350円、花巻へぎそば(1.5人前)1420円、上刺身定食1040円、醤油カツ定食820円、特上天ざる1600円、鴨南蛮せいろそば890円、玉子とじそば620円、カレーせいろそば890円など ※14時以降は税別となる

越後屋

[住所]東京都千代田区外神田6-15-11 日東ビル 地下1階 [TEL]03-3836-3226 [営業時間]11時〜21時半LO、土は20時LO、日・祝は18時LO※ランチタイム有 [休日]年始 [席]カウンター5席、テーブル55席、6名用個室1室、20名用個室1室 計86席/禁煙席あり/予約可/カード不可/サなし、アルコール注文の場合のみ14時まではお通し代100円別、それ以降は500円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩1分