江陵の宿泊施設(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全5枚)

【江陵聯合ニュース】韓国で来年2月に開催される平昌冬季五輪を前に、江原道江陵市が宿泊料金のぼったくり根絶に向け、取締班を設置し運営する。

 平昌五輪は江原道の平昌郡、江陵市、旌善郡で開かれ、同市では氷上競技が行われる。五輪期間中の特需を狙った宿泊施設のぼったくりを取り締まることで、観光客離れと都市イメージの低下を防ぐ構えだ。

 取締班は、「江陵宿泊施設情報システム」に登録されていない宿泊施設や不当に高い料金を求める宿泊施設に対し持続的なモニタリングを行い、違反事項を取り締まる。

 また、観光客に対する共同住宅の違法な貸し出しも取り締まる方針だ。