左足を痛めている杉本は別メニュー。現時点でセンターフォワードのファーストチョイスは金崎か。

写真拡大 (全2枚)

 2017年12月5日、E-1サッカー選手権に臨む日本代表の練習が行なわれた。この日はゲーム形式のトレーニングがメインだったが、そこで見えてきたのが以下の序列だ。
 
センターフォワード:金崎、川又、杉本(左足を痛めて別メニュー)
右ウイング:小林、伊東
左ウイング:阿部、倉田
トップ下:清武、郄萩
ボランチ:井手口・今野、大島・三竿
右サイドバック:室屋、初瀬
センターバック:昌子・三浦、植田・谷口
左サイドバック:車屋、山本
GK:中村、東口、権田
 
 つまり、この序列からスタメン予想するなら、GKが中村、4バックが室屋、昌子、三浦、車屋、中盤が清武、井手口、今野、3トップが小林、金崎、阿部になる。この通りになれば、中村、室屋、三浦、阿部の4人が代表初キャップを刻むことになる。あくまでこの日の練習での、というものではあるが、“ひとつの参考資料”にはなるだろう。
 
 紅白戦で目を引いたのは、レギュラー組と思われるチームでトップ下を務めた清武(C大阪)だ。見事な縦パスでゴールの起点になるなどキレのある動きで攻撃陣をリード。とりわけ金崎(鹿島)との連係はスムーズなように見えた。トップコンディションであれば代表メンバーからおそらく外れることはなかった実力者だけに、ここからの“逆襲”に期待だ。
 
 また怪我で辞退の西(鹿島)に代わって追加招集された室屋(FC東京)もまずまずのプレーを披露。ここで結果を残せば、右サイドバックの争いに加われるかもしれない。

 CFの金崎も的確な落とし、アグレッシブな前線への抜け出しでハリルホジッチ監督にアピール。杉本が離脱するようなことがあれば、間違いなく金崎が前線の軸になりそうだ。
 
 興味深かったのは、小林と金崎の2トップも試していた点だ。オプションを増やせるかという意味で、この大会でハリルホジッチ監督がどんなシステムを使うかも見どころのひとつになる。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)