A代表デビューが迫るGK中村航輔(柏)

写真拡大

 今年6月のA代表初選出から約半年、日本代表GK中村航輔(柏)に代表デビューのチャンスがめぐってきそうだ。合宿2日目の5日、ハーフコートでの紅白戦などで先発組とみられるチームのゴールを守ったのが中村だった。国内組で臨むE-1選手権初戦となる9日の北朝鮮戦(味スタ)での先発デビューに向け、「いつもと違う選手が多い中で、今日は勝つための準備ができたんじゃないかなと思う」と手応えを口にした。

「リーグ戦からそこまで間も空いていないし、いつもどおりのコンディションでできる」。中村は今季J1の全34試合に出場し、33失点。うち12試合を無失点に抑えるなど、充実したシーズンを過ごした。11月26日の鹿島戦(0-0)、今月2日の最終節・広島戦(1-0)でもビッグセーブを連発。来季のACL出場に可能性を残す4位フィニッシュに貢献した。

 柏は天皇杯でも準決勝に進出しており、過密日程が続くが、「目先の試合に勝つことはチームでも代表でも変わらない」と目の前の試合に集中している。北朝鮮戦での先発デビューの可能性が出てきたことについては「監督が決めることなので。監督をリスペクトしています」と話すにとどめた22歳。「リーグでやっている、いつもどおりのプレーを出すことができたら」と平常心を強調した。

(取材・文 佐藤亜希子)


●EAFF E-1選手権2017特集ページ