米津玄師 MV「春雷」Shunrai

写真拡大 (全4枚)

シンガーソングライター・米津玄師さんが発売中のアルバム『BOOTLEG』から、「春雷」のMVを公開した。

【米津玄師「春雷」MV公開 美術家のHouxoQueがグラフィック演出の画像・動画をすべて見る】

映像はTwitterフォロワー数、YouTubeチャンネル登録者数、ともに100万人突破というダブルミリオンを記念して新たに制作。

美術家・Houxo Que(ホウコォキュウ)さんによる妖艶な花のグラフィックと、怪しげに光るペイントディスプレイを用いて、春と雷を表現している。

数々の話題曲を手がける米津玄師

ニコニコ動画への投稿を経て、菅田将暉さんとの「灰色と青(+菅田将暉)」、ラッパー・DAOKOさんとの「打上花火」、ボカロPであるハチ名義の「砂の惑星」など、2017年だけでも多くの話題曲を手がけている米津玄師さん。

米津玄師さん
11月に発売した4thアルバム『BOOTLEG』は累計出荷30万枚を突破、オリコンウィークリーで5週連続トップ10入りを果たしている。

そんなアルバムの収録曲「春雷」は、恋に落ちた男性の一喜一憂し、揺れ動く感情を、「春」と「雷」という相反するモチーフで描いた楽曲。

ライブ披露時の演出映像はHouxo Queさんが手がけており、今回のMVにおいても花のグラフィックや作品などを提供している。

現代アートシーンで注目を集めるHouxo Que

Houxo Queさんは10代でグラフィティと出会い、ストリートで壁画中心の制作活動をスタート。

画像は「春雷」MVにより
以後現在まで蛍光塗料を用いたペインティング作品と、ブラック・ライトを使用したインスタレーションで知られている。

2012年頃よりディスプレイに直接ペイントをする制作を行い始め、2014年にBCTION、2015年にGallery OUT of PLACEで「16,777,216view」シリーズを発表。

現代アートのシーンにおいて注目を集めている。