輸血で女児死亡 厚生労働省が血液製剤の使用に対し注意喚起

ざっくり言うと

  • 8月に血小板製剤の輸血を受けた女児が、約1カ月後に死亡した問題
  • 厚生労働省は4日、血液製剤の使用に対し、十分に観察するよう通知した
  • 感染症のリスクについて文書で説明し、同意を得ることも求めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング