山梨県内の児童、生徒の10人に1人が貧困状態 教育委員会の調査で判明

ざっくり言うと

  • 山梨県教育委員会は、子どもの貧困に関する調査の中間報告をまとめた
  • 県内の児童、生徒の貧困率は10.6%で、約10人に1人が貧困状態であると判明
  • 2年前の国調査をやや下回ったが、県教委は「対策が必要だ」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング