【インタビュー】ブライアン・セッツァー「新しい衣装、バックドロップ、バンドスタンド、新曲など新しいことが沢山あるよ」

写真拡大

2018年1月、結成25周年の節目の年に4年振りの来日公演を行う予定のブライアン・セッツァー・オーケストラのブライアン・セッツァーへの最新インタビューが到着した。来日公演では、数々のヒット曲を迫力満点にプレイするとのこと。驚きのステージングを見る前に、このインタビューで気分を高めて欲しい。

──25周年おめでとうございます。ツアーへの意気込みを教えてください。

ブライアン・セッツァー(以下、ブライアン):新曲もいくつか用意しているから、いつでもビッグバンドとともに日本に行く準備は万全だ。本当に楽しみにしている。沢山新しい事があるんだ。日本に行けるのをとてもワクワクしている。

──ブライアン・セッツァー・オーケストラ(BSO)としては4年振りのツアーになりますね。日本公演はどんな感じになりますか?

ブライアン:何を演奏するか……という事?ビッグバンドと演奏を始めても必ず4人編成でピアノも入れてやるんだ。BSOでも4人編成でやるよ。ロカビリーを少しやって、またビッグバンドを呼び戻す。新しい衣装、新しいバックドロップ(背景幕)、新しいバンドスタンド、新曲、新しい事が沢山あるよ。4年振りだからね、みんなに会えるのを楽しみにしているんだ。

──何故オーケストラはここまで成功したんだと思いますか?

ブライアン:BSOは特別だ。18人、いや今は19人編成でとてもユニークだよね。ビッグバンドを率いて彼らの前でロックン・ロールをやる。聴けばすぐわかると思うけど、バンドはどんどん成長している。この前ハリウッドボウル(LAの著名な会場)で演奏した事はとても貴重な機会だった。バンドには素晴らしいミュージシャンが沢山いて、私だけのバンドではない。私はバンドのリーダーだけど、バンドメンバーのソロパートもある。色々な音を楽しめて、バンドはどんどん大きくなっているよ。

──ロカビリーライオットとBSOの違いは?

ブライアン:ロカビリーライオットの時は全て私にかかっているんだ。歌って演奏して全てやらなければならない。BSOの時はバンドメンバーのソロもあるから、少し違うんだけど、どちらも楽しんでいる。どちらが好きとは言えないな。ただ、BSOの時は聞いているだけの時もある、少し幅広いというか……。

──バイクがお好きと聞いていますが、お休みの時は何をしているんですか?

ブライアン:バイクが大好きなんだ。天気が良い日にバイクに乗って出かけるのは、最高のリラックスさ。そんなに特別な事はしていないよ。犬と遊んだり、釣りに出たり、今は田舎の方に住んでいるからね。一日中ギターを弾いている時もある。とても古いグレッチ・ギターを何本か持っているんだ。夜は部屋で音楽やTVをつけたままギターを弾いたりね。そんなに派手なことはないよ。犬と遊んだりキャッチボールをしたり……のんびりした感じ。

──ロカビリーファッションは日本でも人気があります。特に好きなアイテムは何ですか?

ブライアン:モーターサイクル・ブーツは何足も持っている。大好きだよ。色々合わせるのが好きなんだ。ウエスタン・シャツやジーンズにループタイ。あとはテディボーイ・ジャケットも大好きだ。長い丈にベルベットの襟、出かける時は何の上にも羽織れるしね。日本人はお洒落だよね。本当に楽しいよ。みんながドレスアップして会場に来る。アメリカではあまりそういう事はなくて、大きな都市くらいかな……ヨーロッパは同じだね、ロンドン、オランダ、フランス、ロカビリーファッションはとても人気があるんだ。色々合わせるのが大好きなんだ。革のバイカー・ジャケットにウエスタン・シャツ、あと、フレック・ジャッケット(迷彩柄)……昔はそう呼んでいたんだけど。昔は古着屋や色々なところで買えたんだ。今は買えないけど、数ドルくらいで。まだ私は沢山持っているよ。