氷川きよし、放送最後の「有線大賞」受賞、さらに通算9回の最多受賞の快挙

写真拡大

歌手の氷川きよしが、12月4日にTBS系で放送された音楽番組『第50回日本有線大賞』にて、大賞に輝いたことがわかった。

『日本有線大賞』は、有線放送に寄せられたリクエストのデータにもとづき決定。2017年に「最も聴きたい曲」「最もリクエストされた曲」が明らかになる賞と言える。

大賞候補となる有線音楽優秀賞には、氷川のほか、今年はAKB48、大月みやこ、欅坂46、天童よしみ、西野カナ、乃木坂46、三浦大知、水森かおり、三山ひろしといった錚々たる名前がズラリ。

氷川は、通算9回目で最多の有線大賞受賞。番組は、50回目を迎える今年で放送終了することが発表されていたが、その最後の大賞を、氷川が有終の美で飾ったことになる。