遠野なぎこ

写真拡大

4日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、女優の遠野なぎこが、大相撲の元横綱・日馬富士の引退会見を一刀両断した。

番組では、平幕・貴ノ岩に暴行し負傷させた責任を取り、引退した日馬富士の記者会見を話題にした。会見で日馬富士は「貴ノ岩関にケガをさせたことに対し、横綱としての責任を感じ引退をさせていただきます」などと、引退する理由に言及していた。

会見を見たという遠野は、まず「あんなに男気のない、みっともない会見めったに見ない」とコメント。続けて「貴ノ岩にきちんとした直接的な謝罪もせず、なんとも男らしくない!」と日馬富士の対応を批判したのだ。

さらに遠野は、会見に同席した伊勢ケ浜親方にも触れ、「記者に逆ギレする態度のひどさ。会見開いて記者呼んで逆ギレって、なんなの?って」「そういうところにも相撲界の闇を感じましたね」と、一連の騒動やその対応が相撲界全体の問題でもあると指摘する。

伊勢ケ浜親方は会見冒頭、時おり涙ぐみながら経緯などを説明。その後の質疑応答では、記者に「さっき述べたじゃないですか?」などと声を荒らげる一幕があった。

MCの蝶野正洋が「解決していないままの会見という感じがしますよね」と意見すると、遠野は「最初の涙からどんどんキレていくさまが…」と、伊勢ケ浜親方の態度の変化に首をかしげていた。

【関連記事】
玉袋筋太郎が明かす日馬富士の粋な一面「酒とタバコと女やらないと…」
日馬富士の引退会見 立川志らくが痛烈指摘「美談にしている気がした」
伊勢ケ浜親方がぶち壊した…坂上忍が日馬富士の引退会見に指摘