クリスマスにおけるケンカの原因9パターン

写真拡大

クリスマスに彼女とケンカしてしまっては、折角のクリスマスイベントも台無し。良い思い出に残るクリスマスを過ごすためにも、ケンカになりそうな原因を想定しておき、回避する必要があります。そこで今回は、「クリスマスにおけるケンカの原因9パターン」を紹介させていただきます。

【1】大幅に遅刻してしまった。
2、3時間遅刻し、予約していたレストランに行けず、イルミネーションも見られず、彼女が不機嫌になるパターンです。遅刻を避けるような予定を立てたいものです。仕事の都合で遅刻が避けられない場合には、すぐに連絡した上、十分に埋め合わせをしましょう。

【2】彼氏がクリスマス当日の予定を全く考えてなかった。
彼氏のデートプランを楽しみにしている彼女も多いはず。「当日考えればいいか。」という軽い考えは、彼女の怒らせることになります。事前にしっかりとデートプランを考え、彼女を喜ばせてあげましょう。

【3】行列でイライラしてしまった。
クリスマスの定番スポットは並んで待つ可能性があります。イライラせずに待つ工夫をするか、行列を避けるようなデートプランを練る必要があります。

【4】選んだ映画が不適切だった。
クリスマスムードを大切にする女性は多いでしょう。映画を観る場合、彼女のテンションが下がるような映画は避けた方が良さそうです。ホラー映画を嫌う彼女とホラー映画を観た場合、映画後の食事も楽しむことができず、彼女のテンションが低くなる可能性があります。

【5】彼氏のお店のチョイスがイマイチだった。
いつも行っているようなお店だった場合、女の子を不機嫌にさせる恐れがあります。クリスマスならでは特別感を演出し、女の子を喜ばせてあげましょう。

【6】「クリスマスは、ママと一緒に食事。」の一言。
露骨にマザコンであることをアピールした場合、彼女からドン引きされます。「家族と過ごす」くらいオブラートに包んで表現した方が良いでしょう。また、彼女は自分が軽視されていると感じ、ケンカに発展する可能性があります。

【7】彼氏にプレゼントをあげても嬉しそうではなかった。
どんなプレゼントであれ、彼女からの心のこもったプレゼントなはず。プレゼントに感動できなかったとしても、プレゼントしてくれた「気持ち」を大切にしましょう。

【8】プレゼントが用意されていなかった。本当にサプライズがなかった。
折角なのでプレゼントを用意して、彼女を喜ばせてみてはいかがでしょうか。クリスマスイベントを面倒だと思わずに、「この人と付き合って良かった」と彼女を感動させてみてはいかがでしょうか。

【9】当日、友人のクリスマスパーティーに参加することを知らされた。
二人きりでクリスマスを過ごしたいと考えている彼女もいるでしょう。もし友人のクリスマスパーティーに彼女を連れて参加するつもりであれば、事前に相談するようにしましょう。

クリスマスにおいて、他には何がケンカの原因となるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。