(写真=「芸術の殿堂」Facebook)

写真拡大

ソウルの総合芸術施設「芸術の殿堂」コンサートホールでは去る11月19日、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と韓国のピアニスト、チョ・ソンジンの公演が開かれた。

世界的な評価を受けるベルリン・フィルと、韓国人として初めてショパン・コンクールを優勝したチョ・ソンジンの共演は注目を集めたが、それ以上に現在話題となっているのは、韓国人の“観賞マナー”かもしれない。

韓国メディア『聨合ニュース』が11月28日の報じた、「ベルリン・フィル公演を録音する恥…公演場は観覧マナー違反との闘い」という記事が注目されているのだ。

同記事によると、今回の公演中に恥ずかしき“大事件”が起きたという。

演奏を録音した音が流れ…

ピアノ協奏曲の第1楽章が終わった直後、1階の客席から機械音が鳴り響いた。

なんと、たった今終わったばかりの演奏を録音した音だったのだ。

『聨合ニュース』によれば、「次の楽章を準備していたベルリン・フィルハーモニー常任指揮者サイモン・ラトルとチョ・ソンジンは、しばらく2楽章を始めずに、機械音が止まるまで待たなければならなかった」という。演奏者にも観客にも大迷惑な話だ。

コンサート劇場ではあるまじき行為ともいえるこの“事件”を報じた同記事には、「こういうところに国のレベルが表れる」「本当に恥ずかしい」などと、1300件を超えるコメントが書き込まれている。なかには「“騒音テロ”」と表現するメディアもあった。

とはいえ、韓国のオーケストラ会場における同じような問題は、以前から何度も起こっている。その観賞マナーの悪さが原因で、とある有名管弦楽団は韓国公演自体を嫌っているらしい。

オーケストラ会場のみならず、最近、韓国人のマナーに対しては何かと非難の声が大きい。他でもなく、韓国人自身が自らのマナー不足を強く指摘しているのだ。

韓国有名人の“軽率すぎる行動”が炎上

例えば、韓国有名人の軽率すぎる行動で炎上することが目につく。

11月中旬には、女優のソ・ユジョンに非難の声が集中。彼女はイタリア・ベネチアのサン・マルコ広場にあるライオン像によじ登って、Vサインしている写真をインスタグラムにアップしたのだ。

そのライオン像は文化財だったという。

当然のように非難が集中。謝罪することとなったわけだが、ソ・ユジョンと同じように、重要文化財への“軽率すぎる行為”で叩かれた韓国有名人は少なくないのだ。
(参考記事:重要文化財によじ登ってVサイン…炎上が尽きない韓国有名人が犯した“軽率すぎる行為”

とはいえ、韓国人にマナー不足の自覚症状がまったくないというわけでもない。

韓国でも「恥ずかしすぎる」と猛省

最近行われた韓国観光公社の調査によれば、自国民の海外におけるマナー水準について、5.00点満点中2.75点とかなり低く自己採点しているのだ。

そして、海外旅行先で見た自国民のマナー不足を見て、韓国人であることが「恥ずかしい」と感じる行動も数多くあるという。

それだけに今後は反省から一歩進んで、具体的な改善行動をとっていく必要があるだろう。冒頭のコンサート会場で露呈したマナー違反に対して「芸術の殿堂」は、鑑賞マナーを説明する小冊子を製作するとのこと。

今回の“騒音テロ”を教訓にし、あらゆる公共の場でマナー意識を高めていくことが、韓国で今、たしかに求められている。

(文=慎 武宏)