「子どもに英語をマスターしてほしい!」――そんな願いを持っている親御さんは少なくないだろう。しかし、そんな人でも「英語がペラペラになればそれでいい」などとは思っていないはず……。むしろ、本当にわが子に身につけてほしいのは、世界のどこでも生きていける頭のよさ、つまり「本物の知性」なのではないだろうか。
実際、応用言語学や脳科学、教育心理学などのアカデミックな研究では「外国語学習の機会が、子どもの知力やIQを高める」といった知見が蓄積されつつあるという。
いま、こうした科学的根拠(エビデンス)に基づいた指導によって、子どもたちの英語力を着実に伸ばし、人気を集めている英語塾があるのをご存知だろうか。元イェール大学助教授の斉藤淳氏が代表をつとめるJ PREPだ。
本連載では、同氏の最新刊『ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語――わが子の語学力のために親ができること全て!』から、一部抜粋して「ほんとうに頭がいい子」を育てるための英語学習メソッドを紹介する。

なぜ英語が「本当に賢い子」を育てるのか?

「J PREPに通うようになったら、まず『国語』の成績が上がった!

これは、生徒の保護者のみなさんからよくいただくご指摘です。
「(え、国語? 英語がテーマのはずなのに……いったい何を言い出すんだ?)」とお思いの方、どうかご安心ください。
今回僕が書いた『ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語』は間違いなく、お子さんの「英語力」を高めるための本ですし、僕が代表を務めるJPREP斉藤塾は、主に英語を教えている塾です。

英語塾なのに、「国語」から先に結果が出る子たちがいる――。
なぜだと思いますか?
(もちろん英語の成績も、あとからグッと伸びていきます……)

予告的にお答えするとすれば、僕がこれからお伝えするメソッドが、「英語力」だけでなく、独力で何かを学んだり考えたりする総合的な能力、いわば知力を高めるからなのです。

この記事をお読みの方の多くは、「うちの子どもも、英語ができるようになるといいな……」という漠然とした思いをお持ちなのだと思います。

しかし、子どもの英語力を正しく磨いていけば、「学校の成績がよくなる」とか「外国語がペラペラと流暢に話せる」といった表面的なメリット“以上のもの”が手に入ります

もちろん、英語は単なるツールでしかありません。
ただ、「本当に頭のいい子」を育てたい人にとっては、英語こそが最も確実、かつ、最も頼りになる「最強のツール」である――そんな思いでこの連載を書いていくつもりです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)