@AUTOCAR

写真拡大 (全12枚)

もくじ

ーV8ターボ+8速AT 最高速度305km/h
ーV12/V10を見送ったワケは?
ー4WS搭載 ウルスPHEVも予定
ー3サイズ発表 車重は2.2tか
ー車内はラグジュアリー 予想価格は?

V8ターボ+8速AT 最高速度305km/h


最高出力650ps。ランボルギーニ自らスーパーSUVと表現する「ランボルギーニ・ウルス」が、ボローニャで発表された。

4.0ℓV8ツインスクロール・ターボ搭載
トランスミッション:8速オートマティック
(新開発の専用トルクコンバーター採用)


・最高出力:650ps/6800rpm
・最大トルク:86.7kg-m/2240-4500rpm
・駆動方式:4輪駆動
・0-100km/h加速:3.6秒
・最高速度:305km/h

生産は、サンタガータ・ボロネーゼの新工場で行われ、同ブランドの年産台数を倍増することが見込まれる。
 

V12/V10を見送ったワケは?


「ビジュアル面ではLM002との繋がりを持たせた」というウルスだが、ボンネットにはミウラ/アヴェンタドールの要素が、ダイアゴナルなフードにはカウンタックの面影がある。しかし、なによりも重視されたのはエアロダイナミクス性能を高めることであったという。

V12およびV10ではなく、4.0ℓV8ツインターボを採用した理由は、オフロード走行時に低回転域のトルクが求められるからだ。


フロントに低くマウントされたエンジンは、重心高を抑えるためにセントラル・ターボ・レイアウトを採用。燃焼室のそばに過給機を配置することでレスポンスを高めている。

0-100km/h加速は3.6秒。0-200km/h加速は12.8秒。

100-0km/h減速を33.7mで達成するストッピングパワーを誇る。
 

4WS搭載 ウルスPHEVも予定


ターボユニットは、排気干渉をなくすために2系統のエグゾーストフローを設けた。また、気筒休止にも対応し、燃費を高めている。

ランボルギーニによれば、今後プラグイン・ハイブリッド車の追加も予定しているという。


4輪駆動システムは、トルセン・セルフロッキング・ディファレンシャルを採用。前後トルク配分は40:60をベースに、最大フロントに70%、同じくリアに最大87%まで送り出すことができる。

リアディファレンシャルには、アクティブ・トルクベクタリングを搭載した。また、アヴェンタドールSから後輪操舵システムを転用。同位相/逆位相ともに最大3°のアングルをつけることができる。
 

3サイズ発表 車重は2.2tか


プラットフォームは、ベントレー・ベンテイガ、ポルシェ・カイエン、アウディQ7と共用するVWグループのMLBエボ。

ウルスのサイズは、下記の通り。
全長:5112mm
全幅:2063mm
全高:1638mm
ホイールベース:3003mm

車両重量は2200kg未満とアナウンスされている。


アダプティブ・エアサスペンションの採用により、最低地上高も158mmから248mmの範囲で変更できる。

ドライブモードは6種類を用意。日常利用からハイパフォーマンス・ドライビング、レーシングシーン、雪道、オフロード、砂漠まで対応する。
 

車内はラグジュアリー 予想価格は?


ダッシュボードは「Y」をイメージしたデザインで、最新のインフォテインメント・システムを採用。

前席は、電動12ウェイ・アジャスタブル・ヒーテッド・シート(オプションで18ウェイも選択可)。後席は、3シーター・ベンチシートのほか、オプションで2シーターを選ぶことができる。


荷室容量は616ℓと発表されている。

AUTOCAR予想価格:16万5000ポンド(2500万円)前後
デリバリー開始時期:来年春を予定


なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『ランボルギーニ・ウルス発表』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。