【詳細】他の写真はこちら

タワーレコードが、本年度の年間チャート(邦楽アルバム TOP20、邦楽シングル TOP10※、洋楽アルバム TOP20)を発表した。

邦楽アルバムは、引退を発表し今年の音楽シーンにおいて最も大きなトピックスとなった安室奈美恵の3枚組アルバム『Finally』。11月8日発売ながら圧倒的なセールスにて1位を獲得した。

邦楽シングルは、今年のアイドルシーンのまさに“顔”となった乃木坂 46「逃げ水」が、また洋楽アルバムは、もはや世界中が注目する男性ソロアーティストとなったエド・シーラン『÷(Divide)』が1位と、2017年を象徴するタイトルが、それぞれのジャンルにおいてベストセラーズとなった。

※全邦楽シングル(メジャー、インディーズ)の集計。

タワーレコードでは、今年を代表するふたりのアーティスト、安室奈美恵とエド・シーランの1位獲得を記念し、12月4日〜2018年1月14日まで、タワーレコード全店(TOWERmini 含む)にてベストセラーズのポスターを掲出。ぜひお店でチェックしよう。

なお、邦楽アルバム、シングル、洋楽アルバム以外の年間チャートについては、タワーレコード オンライン内の特設ページにて掲載中。

発表チャートは、「邦楽アルバム」「邦楽シングル」「J-ROCK」「邦楽映像」「アニメ」「ベスト盤」「洋楽アルバム」「K-POP」「JAZZ」「クラシック」「サントラ」「映像」「イヤホン・ヘッドホン」の13カテゴリーとなっている。

タワーレコード オンライン 特設ページ

http://tower.jp /2017best