上海ディズニーランドは11月30日、2018年にオープンする予定の7番目のテーマランド「トイ・ストーリーランド」の詳細を発表した。写真は上海ディズニーランド。

写真拡大

上海ディズニーランドは11月30日、2018年にオープンする予定の7番目のテーマランド「トイ・ストーリーランド」の詳細を発表した。中国新聞社が伝えた。

上海ディズニーランドが最初の拡張計画であるトイ・ストーリーランドを進めていることは、米中合弁会社双方の株主が、中国のテーマパーク分野の需要がますます高くなっていくことに大きな自信を持っていることを表していると言える。「トイ・ストーリーランド」は、ピクサー・アニメーション・スタジオの名作映画「トイ・ストーリー」をテーマにしたテーマランドで、3つのアトラクションと、ディズニーの仲間たちと会えるテーマエリア1つが設置される。

一つ目のアトラクションは、「スリンキー・ドッグ・スピン」。たくさんの骨が入った大きなフードボウルの周りを自分のしっぽを追いかけるスリンキー・ドッグのライドに乗って楽しむアトラクションだ。

二つ目のアトラクションは、「Rex’s Racer」。リモコン操作のレーシングカーに載り、U字型のレールの上で、スリル満点の冒険の旅に出る。ゲストが乗ったレーシングカーはレックスが操作し、スピードをどんどん上げ、どんどん高く飛ぶ。

三つ目のアトラクションは「Woody’s Round−Up」。アンディがおもちゃを使って作った牧場で、ゲストは楽しいダンスパーティーに参加する。ゲストは、ウッディーが用意した馬が引くカートに乗って、軽快な音楽に乗せてダンスを踊るようにぐるぐる回るアトラクションだ。

「トイ・ストーリーランド」は来年夏までにオープンする予定で、ミッキー・アベニュー、ガーデン・オブ・イマジネーション、ファンタジーランド、トレジャー・コーブ、アドベンチャー・アイル、トゥモローランドに次ぐ、上海ディズニーランドの7番目のテーマランドとなる。(提供/人民網日本語版・編集/KN)