マツコ・デラックス

写真拡大

4日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが、コンビニエンスストアのファミリーマート(ファミマ)に厳しいダメ出しをした。

番組では、「ファミマ『忖度弁当』売り上げ不調」と題し、東京スポーツの記事を取り上げた。記事によると、ファミマが数量限定で今月から販売を開始した「忖度弁当」の売れゆきが不振だという。

ファミマは先月、今年盛り上がった言葉を使った新商品を開発するため、アニメ「けものフレンズ」と「忖度」のどちらが良いかのアンケートをTwitter上で実施。6万を超える票を集めた「忖度」を採用したが、税込み798円という価格もあってか、大コケしているのだとか。

この話題にマツコは「なんでもSNSを使って、アンケートを取ってしまう1番悪しき例」だとバッサリ。多くの企業がネット上でアンケートを実施して平均点を出すが、それだけでは「大ヒットは生まれない」「答えてくれた人が全員買うなんて保障はない」と指摘する。

さらに「(ファミマは)オタクをなめすぎ」と痛烈なひと言を放ったマツコは、好きなアニメキャラが商品についていたら、すぐに購入してしまう層がいることを指摘。そのうえで、仮に「けものフレンズ」を採用していたら「即売」だったろうと考察した。

「アンケートで多数を取ったものが正解とは限らない」と持論を展開するマツコは、今回の件についてファミリーマートにとっては「ものスゴい、いい勉強になったと思う」と語っていた。


【関連記事】
高橋真麻がクリスマスの予定は未定だと告白「すれ違いが生じております」
電車内で妊婦に席を譲るマッチングサービスに悲観的な声「悲しい…」
「SMジム」の驚きの実践内容を「5時に夢中!」で特集 食事や性欲の管理も