東京モーターショーでのワールドプレミアが期待されていた次期型スープラの世界公開。それは早くても2018年1月のデトロイトモーターショーに持ち越しとなったようだ。

 

 

そんな中、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキット付近をテストドライブする「スープラ」が目撃された。

 

捉えた最新プロトタイプには「86」風のテールライトに3連LEDヘッドライトがついに点灯。あとはフロントバンパーのエアダクト形状が露出すればほぼ最終デザインが確定する。

 

 

MT設定の有無など多数の情報が錯綜しているが、200ps程度を発揮する2.0リッター直列4気筒ターボエンジン、及び340ps程度を発揮する3.0リッター直列6気筒ターボがラインナップされ、さらにハイブリッドモデルも1年遅れて登場の可能性も高いといわれている。

ボディサイズは、全長4380mm×全幅1860mm×全高1290mm、ホイールベースは2485mmで車重は1440kg程度。価格は、2.0リッターモデルが日本円で500万円〜600万円、3.0リッターモデルが700万円〜800万円程度とされ、2018年内にオーストリアのマグナシュタイアで生産され、逆輸入の形で日本で販売されるともいわれている。