ソファーでくつろぐバスローブ姿の井浦新が 大森立嗣監督作『光』劇中カット公開

写真拡大

 現在公開中の映画『光』より、主演・井浦新のバスローブ姿を切り取った劇中カットが公開された。

参考:『光』大森立嗣監督が明かす、映画作りの姿勢 「単純な足し算になるのは嫌」

 本作は、『舟を編む』で本屋大賞を受賞した三浦しをんの同名小説が原作。東京の離島で育ち、島を襲った津波から数人の大人とともに生き残った信之、恋人の美花、年下の幼なじみ輔の3人が、25年後に再会し、過去の秘密と向き合う姿を描く。主演を井浦新が務め、長谷川京子、瑛太、橋本マナミ、南果歩、平田満が共演。『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣が監督を務めた。

 このたび公開された劇中カットは、主人公・信之を演じる井浦のバスローブ姿を捉えたもの。25年前、愛する美花を守るため殺人を犯した信之は、大人になり、再び愛する美花のため“あること”に手を染める。写真では、そんな信之が、ホテルで美花と落ち合うため、気だるげにソファーでくつろぐ様子が切り取られている。(リアルサウンド編集部)