3日、THAADの在韓米軍配備をめぐり今年3月を最後に途絶えていた中国人の韓国団体旅行が復活する中、韓国の観光業と宿泊業の今年9月までの売上高は中国人観光客の大幅な減少などにより約7735億円減少したとする推計が発表された。資料写真。

写真拡大

2017年12月3日、米自由アジア放送(RFA)の中国語ニュースサイトによると、高高度防衛ミサイル(THAAD)の在韓米軍配備をめぐり今年3月を最後に途絶えていた中国人の韓国団体旅行が復活する中、韓国の観光業と宿泊業の今年9月までの売上高は中国人観光客の大幅な減少などにより7兆4500億ウォン(約7735億円)減少したとする推計が発表された。

記事によると、北京からの32人の団体旅行客が2日、アシアナ航空機で韓国に到着したことを中韓両国のメディアが大きく伝えている。韓国の旅行会社と事後免税店のスタッフらは韓服姿で旅行客に花束を贈呈するなどし、中国の旅行会社関係者は「雪解け」を意味する言葉が書かれた横断幕を掲げた。

一方で、韓国・聯合ニュースによると、韓国の国会予算政策処は3日、中国人観光客の大幅な減少などにより、今年に入ってから9月までの国内観光業と宿泊業の売上高が7兆4500億ウォン減少したと推計されると発表している。(翻訳・編集/柳川)