呂布カルマ:Weedについて

写真拡大

ヒップホップが好きな人は、上記動画のグリーンバックのサムネイルを見たことがあるのではないだろうか。

【SEEDA主宰「ニートTOKYO」とは? アングララッパーたちの生の声の画像・動画をすべて見る】

これはラッパーのショートインタビュー動画を毎晩更新するYouTubeチャンネル「ニートTOKYO」の動画。

これまでにサグいラッパーとして知られるKnzzさんやDogmaさん。若手で注目を集めるSUSHIBOYSのFarmhouseさん、EVIDENCEさん、サンテナさんらが登場し、ヘッズの間で話題となっている。

「ニートTOKYO」とは?

「ニートTOKYO」は、毎日夜9時前後に配信されているラッパーの数分間ノーカットのインタビューメディア。2017年11月1日より配信をスタートさせた。

上述のほかにもYENTOWNのkZmさんやMony Horseさん。

さらには、ヒップホップのライター/ラジオMCの渡辺志保さんやヒップホップメディア「Amebreak」の編集長・伊藤雄介さんまでもが出演。ドープでありながら幅広い人選に、誰が主宰しているのか? と注目が集まっていた。

そんななか、11月20日に実施されたDOMMUNEのイベント「Boiler Room Tokyo 2017 In Your Parallel」で、主宰がラッパーのSEEDAさんであることを公表。「音楽ではなく、日常生活に関わることを聞くことで、そのアーティストの世界観を理解してほしい」とメディアの方向性を語った。



SEEDAさんと言えば、1980年生まれ、日本でバイリンガルラップの先駆けとも言われるラッパー。

アルバムごとに進化をみせる独特のフロウやフリースタイルラップの実力からも日本のヒップホップシーンにおいて絶大な支持を受けている。

あんな話やこんな話まで、とにかくシンプルに

筆者が考える「ニートTOKYO」の魅力は、なかなかメディアに掲載されないような、アンダーグラウンドのラッパーたちの生の声が聞けることだ。

これもSEEDAさんのプロップスやコネクションがあって実現しているものだと考えられる。

しかも、その話題はラップや音楽にとどまらず、関係性を築けていないと聞き辛いようなプライベートの話もあり、ラッパーの人間的な側面が見える内容となっている。




質問内容がタイトルだけでわかり、動画の時間も1分から2分以内で終わるものが多いという点も、視聴者は気軽に楽しめる理由ではないだろうか。

これまでヒップホップのメディアは数多くあっても、リアルなストリートを知るラッパー自身が立ち上げたものは、過去に例を見ない。

今後、どんなラッパーが出演していくのか、さらにアンダーグラウンドメディアとして、どのような動きを見せていくのか注目していきたい。

「ニートTOKYO」人気の動画